スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権の今後を議論しよう。

安倍政権がこのまま続けるべきか、どうなのか?
昨日の記事にコメントしてくれた人の意見を紹介しつつ、考えていきたいと思います。

自分は今現在、安倍政権を支持しています。
今までにないリーダシップ、外交が的確、国益重視の政策をとっていると思うからです。
そんな安倍政権の重大なマイナスポイントは皆さん上げているように。
消費税増税とTPP参加決定です。
今までネットでの政治に詳しい人々が安倍政権支えてきたのはこの二つが決定的ではなかったからでしょうね。
消費増税の話はあるが14年4月の増税はしないじゃないかな?
TPP参加の話はあるが、聖域を守ると言っていていざとなったら脱退もあるかも?
この二点は大きかったと思います。
安倍政権に少し不安を持ちながらも期待を持てていました。
しかし、デフレを脱却していないのに、消費税は14年4月に増税が決定。
TPPの聖域は守らないということは脱退もしない。
この二つは安倍政権を支えてきたネット民も、かなりがっかりしたと思います。
うん、自分も消費税増税決定はショックだったし。

昨日の記事に書かれたコメントを青字で紹介しつつ、意見を述べていきます。
強調文字はきいちの手で付け加えています。

消費税の増税については、実際に増税した後、景気が悪化すればアウトだと思います。
ありがとうさん、コメントありがとうございます。
はい、これに関しては全くその通りだと思います。
なんだかんだ言っても安倍政権の高支持率は、アベノミクスによる期待感が大きかった。
そのアベノミクスが失敗に終わったらアウトでしょうね。
ただ、安倍政権もそれはわかったうえで増税を決めています。
景気を支えられる目処があると思うんですよね。

いつもありがとうございます。自分の中では
少なくとも信頼してお任せする相場は過ぎました
自分にも多少の自負がありますが、今回の増税は「勉強したものほど、虚脱感に襲われている」のでは・・と思います
安倍信者ではなく安倍政策支持の人ですね・・

もはやTPPも自民の交渉条件6項目はどこへやら・・
例外品目5項目でどうのこうの・・
そもそも安倍さんの「聖域なき関税撤廃・・」以外に聞いた事ないですしね

他の5項目は?直接クチから聞きたいのは自分だけでしょうか・・
もはや疑ってかかる必要はあるでしょう

竹島の日から
靖国参拝から
デフレ脱却なくして財政再建なしから
自民TPP交渉参加6条件から
全部グダグダです

自分は望む政策と実行力が伴う総裁候補が現れたら
遠慮なく交代を望みますね
安倍さんは足して2で割る政治をしすぎです
是非は別にして郵政民営化実現と消費税増税ストップでは明らかに郵政民営化のほうがハードルが高いでしょう

要は覚悟と決意が足りないんです
外交力はあっても政治判断力はないと断言せざるを得ないです
本当に歴史に名を残し、世界からの注目を浴びていたのに、結局世界の過ちの追随をしただけでした

不況時に緊縮財政と財政出動はどちらが正しいのか?
不況時に効果を出すのは新自由主義とケインズ型どちらなのか?
そのテストケースとしてアベノミクスは世界から注目を浴びていたわけです
自ら止められる増税をとめずに緊縮財政を取ってアベノミクスを台無しにしました
はっきりしましたね。消極的支持です
代わりがいないだけ、長期政権は望みません 代わりがいないので、疑わしいけど仕方なく・・

消極支持 に変わった人は計り知れないくらいいるでしょう
まあそれも支持です。バカ自民には伝わらないでしょうね・・・
今回の増税で多くの懐疑心が生まれている事に気付かないならば
安倍も終わりです
自分はイザとなったら安倍降ろしに全力です 

shinさん、コメントありがとうございます。
たしかに、期待していた分だけ裏切られた感は大きいでしょうね。
増税、勉強されたのならなおさら「デメリット大きくメリット極少」な今の増税には納得行かないのも分かります。
テストケースとしてのアベノミクスという考えたは、面白かったです。
消極的支持、代わりがいないから仕方なく。
これが今一番考えられている答えなんだと思います。


安倍首相の支持率はこれからだんだんと落ちます。

保証します。

ですけれども、安倍氏に代わる人材は夜盗はもちろん与党にもいまいません。

安倍首相が政権についてやった評価できることは沢山あります。
が、消費税増税、TPPは大きく減点です。

NPさん、コメントありがとうございます。
同感です。
安倍政権での評価出来る店点は多いけど、増税とTPPは減点。
でも代わりが出来る人がいない。

消費増税で駆け込み需要が発生しますから
来年3月までは逆に景気が良くなり
支持率は変わらないでしょう

しかし、4月からどんどん景気は失速
おそらく本当の地獄はここから始まる


15年のデフレにフラストレーションが
溜まっている上、最悪の決断をし、失業者と自殺者を増やす安倍に
国民がどこまで耐えられるか?

mikuさん、コメントありがとうございます。
たしかにこれから支持率は落ちてくるでしょう。
今までの期待が大きかったぶん、反動も大きいかもしれない。
4月から景気が失速するという意見も分かります。

コメントくださった皆さん、ありがとうございます。
自分は消費税8%に上げても景気は持ちこたえると思っています。
・6兆円の政府の財政出動がきちんとされること
・消費税を10%に上げないこと。
が守られたらですけど。
デフレ時の消費増税はブレーキを踏みながらアクセルを踏み込むようなもの。
一番いいのはブレーキ踏まずにアクセル踏むのが効率的だし常識的なんですが。
しかし、消費増税を止める事は出来なかった。
ブレーキの効き以上にアクセルを踏み込むと決めたようです。
それで効果が出ると計算しているのでしょう。
増税に関しては、こちらの記事も参照してください。
消費税増税決定?安倍さんの凄みを感じる。←クリック。
消費税増税決定。なぜなのか?これからどうするのか?←クリック。
増税判断はベストではないがワーストでもない。←クリック。

TPPに関しては、自分は最初から聖域が守られるとは思っていません。
むしろ過剰な保護はやめて、農業改革が必要と思っています。

しかしサトウキビなどの甘味料の保護は必要と思っています。
それは安全保障問題に関係するからです。
沖縄の離島の過疎を防ぐために、サトウキビ畑を守るのは必要と思っています。
でもコメ農家に今まで以上の保護が必要なのかは疑問です。
今のように小規模な面積で高齢化した農業従事者が農業を続けていては、それこそ「瑞穂の国」を維持できないと思うんです。
農協という強力な既得権益の力を削ぐのは容易なことではありません。
政治家にとっても集票マシーンとなっているからね。
しかし農業改革は待ったなしです。
TPPという外圧を使ってので農業改革を果たそうとするのはおかしいという意見もあります。
では、農業改革はどうやって行えばいいのか教えて欲しいですね。
とはいえTPPにとって農業は24項目の一部。
TPPにとっては聖域さえも小さな問題になってしまう。
TPPに関してはこちらの記事を参照してください。
TPPに関する記事一覧。←クリック。

結論として、皆さんが思っているようなことになります。
安倍さん以外に、総理が務まる人がいないから消極的支持。
まぁ、でも自分はもう少し安倍さんを信用しているかな。
今でも、日本の国益中心の政策を勧めていると思っていますよ。
外圧に譲歩などをしているのはわかっています。
けれど、今までの日本の総理大臣ではトップクラスに良い仕事しているとも思っています。
政治家の判断ポイントは絶対評価ではなく相対評価。
公約を守らなかったからダメとか判断すると、本当に政治家を選べなくなってしまう。
選挙前に決めた公約を守ることが政治家の仕事じゃないですからね。
そのときど記に必要な政策を判断、選択するのが政治家のお仕事です。
猪突猛進して公約守る政治家とか爽快感はあるだろうけど「ヤダ怖い」と思う。
広く比較検討して「よりまともな政治家」を選んで支持していきたい。
比較検討して、安倍政権を批判や非難をするのは良いことだ。
政策や政治家に対する意見はどんどん表明したほうがいいとは思う。
しかし「フワッとした民意」で安倍政権を批判するような事はしたくない。
このブログの読者さんはみさなん勉強されており、教えられることも多い。
これからも、いろいろな意見を聞かせてください。
あ、コメント取り上げられたくない人は名前無しでもOKです。
それと、本日記事にしたけど、嫌な人はメールください。名前は削除しますので。
クリック協力もお願いしたいなぁ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)
毎日のブログ更新お疲れ様です。

今回の増税の決定はやはり「何故今なの?」と考えてしまいました。せめて一年先にして欲しかった・・・
でも、増税の法案を成立させたのは民主党政権ですし、民主党政権下での増税よりはずっとずっとマシですね(^-^;

私は第一次安倍内閣の頃から安倍総理を応援しています。野党時代も応援していました。
国の根幹に関わる部分、外交や防衛や教育など、歴代の総理大臣が手を着けなかった大きな改革を沢山やっているんですよね。
マスコミはあまり報道しませんが(>_<)
だからこそマスコミを敵に回したんです。
マスコミ、特亜にとっては脅威でしかないのでしょう。
今後、支持率低下と共に「安倍下ろし」が始まるでしょうね。
もちろん安倍総理は覚悟の上で増税に踏み切ったのだと思います。

私も、きいちさんと同じで安倍総理を信じています(^^)

愛国不足

極端な考えは良い結果を出さないでしょう。

昨年11月から自民党の安倍内閣がスタートしました。
その前の圧倒的与党の民主党は崩壊しました。

まず、自民党の安倍政権以外に何処が良いと思っているのか?
左翼もそうですけど批判はしても自分の代替案は語らない。
それはダメです。

元の民主党、野田、細野、海江田グループが良かったのか?
袂を分けた生活、小沢一郎がいいのか?

それとも支持が増えて気分を良くしている共産党がいいのか?
没落社民党を応援したいのか?

おそらくそんな選択肢の中でやはり今の選択しかなかったと思いますよ。

自民党にしてもさて、あの時、総裁選で石原だったら良かったのか?
林だったら良かったのか?
石破だったら、町村だったら?

今の安倍政権がベターだったと思います。

しかし、保守支持者をがっかりさせることが今回の消費税増税決定です。
これは最終的に安倍氏の責任ですが、それほどやはり財務省などが強いということでしょう。
今後、財務省の弱体化を模索しましょう。

次にTPPです。
これも最初の国益を守るという触れ込みからトーンダウンしそうです。
100%国益を守れるかどうかは別としてどの程度の結果が出せるのか?
それにより更に安倍氏への評価は下がるでしょう。

熱心な保守には失礼ですが、結局大勢は一般日本国民の何となくが流れなんで、それは安倍首相の経済政策に期待しての支持ということです。
保守の現状を過剰評価しては間違います。

そして、今回特に思ったのは左翼は小グループも含めて沢山ありますが、保守政党が無い。

だからよく言われる真性保守政党を作ることを考えるべきだと思います。
一時は期待した太陽の党もこんな感じですから、保守政党不足です。
自分は幸福実現党を応援することにしました。



選挙公約を破る事はNG

選挙公約を破る事はNGです。

もし、破るのなら、再度、選挙を行い、民意に問うべきです。
(政策内容の是非はともかく、郵政民営化時の小泉首相のように)

間接民主主義では、同じ政策を志す人々が政党を結成し、
(民主党はこの原則すら守っていない)
その政策を有権者に提示し、
有権者はその提示内容を見て、自分の考えに近い政党に投票します。

その政策が「票を得るための嘘八百」で、

有権者を騙した後は、有権者に提示した政策と真逆の
「金を与えてくれるスポンサー等」の望む政策を推し進める。

では、間接民主主義は成立しません。

政党が、選挙公約を破り続けると、
何れ、有権者(大多数の庶民)は間接民主主義を否定するようになり、強権による現状打破(革命、ファッショ専制)を求めるようになるでしょう。

安倍政権が

 ・デフレ脱却前に消費増税しない
 ・聖域無き関税自由化が前提である限り、TPP交渉には参加しない

この昨年時の選挙公約を破るというのなら、選挙にて、国民の洗礼を受けるべきでしょう。

民主党の消費増税はNG!だけど安倍政権の消費増税はOK!
民主党のTPP交渉参加はNG!だけで安倍政権のTPP交渉参加OK!

というのは、否賛を、政策内容ではなく、人で判断しています。
その有様は、「小沢一郎信者」と同じです。
(その人が左と言えば左、右と言えば右)

No title

更新ありがとうございます
記事に載るのは全く悪い気はしないですよ
議論に参加させていただいてありがとうございます


皆様の意見大変参考になりますね
相対的判断・・・そのとおりだと思います
そうやって少しずつ成熟させていくものですよね

ブログ主様の「ブレーキ以上にアクセルを踏むと決めたようだ」というのもそのとおりだと思いたいですが

「安倍さんは増税のリスクもわかっているはずだ」
「TPPに関しては6項目表明している以上リスクを分かった上で、交渉は仕方ないんだろう・・」
「竹島の日はそんなすぐには出来ないよ、いきなり結果を求めすぎ」
「靖国は例大祭が本質だよ」
「8%で景気は失速するから10%にはしないよ」
「財務省も10%にしたいはずだからしっかり景気をよくさせるはずだ」


結果はどうなるか分かりません
でも「希望的観測」でおもんばかる時期は過ぎたのでは?と思っています


そもそも今回の増税判断も説明責任が果たされていません
附則18条には「名目3%、実質2%の経済成長に足る措置を講ずる」とあったはずです

しかも「平成23年~平成32年までの“平均”」でです
まあもう無理だと思いますが「増税しても、この方策でそれに達します」という説明が必要でした
ブログ主さんも「景気は失速しない」と言う発言ですよね。でも、そもそもは経済成長しなきゃいけなかったんです
そういう観点から言えば「せめてあと・・年延ばして欲しかった」というのも違うんだと思います


※ちなみに平成32年ってわかります?「東京オリンピック」の年です。自分はこれにも運命的なものを感じていたので、これからの7年間で本当に日本は良くなるだろうな。安倍さんは本当に時代が生んだんだな・・と勝手に、好意的に解釈していましたww


でも実際には「財政再建まったなし」「社会保障が苦しい」という抽象論だけですよね

昔はそれでも良かったと思いますが、まだ安倍さんや自民党も一部国民の成長と言うか検証する意識の高まりについてきていないと思います
三橋さんらの活躍が大きいと思いますが、こうやってブログを更新される方の功績も小さくないと思います


本当に全力でアクセルは踏まれるのか?

消費税増税をとめられなかった安倍さんが(そもそも本当に止めようとしていたかも分かりませんが・・)財政出動を実際にできるのか?
その量は足りているのか?

疑いながら見る必要はあるでしょうね

オリンピック決定からのこの1ヶ月でこんなことを心配するハメになるとは思っていなかったですねw

安倍がヘタれる理由

>要は覚悟と決意が足りないんです
外交力はあっても政治判断力はない

完全同意いたします
「痛恨の極み」と言いながら靖国見送り

なぜこうなるかというと、
「信念」がないから

日本国・日本人・日本文化
これを守るという目的がない
これを持っていればブレるはずもなく
判断に迷う事もない

要は安倍の中に
「日本」という国は存在しない

安倍の中にあるのは
「日本」という名前をもった世界の中の一つの国
だからTPPで国柄がなくなろうと、
移民に積極的で嫁の親韓もほったらかし

安倍が真の日本人であれば
嫁とは離婚しているはずです

No title

こんにちわ。
TPPで国柄破壊だー亡国だーと言う人が世の中に沢山いますが、そういう人は中野某さんや三橋某さんの影響が大部分です。
ISDSで国が乗っ取られるだとか有り得ない事を言うお二方に毒され過ぎです。

僕は農業改革賛成です。

安倍政権誕生で良かった 追加

もう1つ追加がありました。

安倍政権に変わって良かったということ。
首相が安倍さんで良かったということ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131009/plc13100900580000-n1.htm


しかし、消費税増税は今の時期(来年4月)は失敗だと思いますしTPPはまだ内容が分かったのではないですがちょっと怪しい雰囲気があります。

信者はいないと思います。
降ろすのは変わりがいたらの話ですね。
後、呼び捨ては良くありません。
改革は微妙。
国産のお米美味いし。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。