スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘイトスピーチと在日の住むべき国。

遅くなりましたが、ヘイトスピーチ問題を取り上げます。
在特会のヘイトスピーチ、判決がくだり200m以内の街宣禁止と1200万円の賠償が求められました。

朝鮮学校への街宣は「人種差別」 京都地裁が在特会側に賠償命じる
朝鮮学校周辺での差別的な街宣活動により、授業を妨害されたなどとして、学校法人京都朝鮮学園(京都市)が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などに、学校周辺での街宣活動の禁止と3千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が7日、京都地裁であった。橋詰均裁判長は在特会の街宣は人種差別撤廃条約が禁止する「人種差別に該当し違法」と認定し、在特会側に1226万円の支払いと、学校周辺での街宣活動の禁止を命じた。

“表現の自由”ではなく「国際条約に反する行為」
 判決などによると、在特会のメンバーらは平成21年12月~22年3月、3回にわたり京都朝鮮第一初級学校(京都市南区、昨年4月に休校し、京都朝鮮初級学校に統合)周辺で拡声器を使い「朝鮮人をたたき出せ」「北朝鮮のスパイ養成所」などと連呼し、授業を妨害した。
 原告側は、在特会らの行動はいわゆる「ヘイトスピーチ」(憎悪発言)にあたり、民族教育のための平穏な環境を奪うもので違法性は明らかなどと主張。一方、在特会側は、公園の無許可占用への反対活動で「表現の自由」と反論していた。
 この街宣活動をめぐっては、在特会のメンバーら4人が威力業務妨害罪などに問われ、有罪判決が確定。学校の元校長も京都市が管理する公園を無許可で占用したとして、都市公園法違反の罪で罰金10万円が確定している。

この裁判、在特会が負けるのも仕方がない。
在特会の街宣が、差別かどうかという裁判なんだから。
そして在特会の街宣は明らかなヘイトスピーチだろう。
「朝鮮人は皆殺し」とか「いい朝鮮人は死んだ朝鮮人だけ」とかは聞きたくないな。
自分のごく普通の日本人の感覚(自称)だと違和感を感じる。
結局在特会のヘイトスピーチは、保守層を差別主義者とレッテル貼りする手助けになっている。
行き過ぎた反韓、反中行動は、人権擁護法などを成立させる動きを加速するだろう。
今は安倍政権だから、そこまでの心配はしなくても良いけれど。
いつまでも保守政権が続くとは限らない。
在特会は、反韓運動、行動する保守運動を世に広める事に大きく役に立った。
これからは少し穏便なデモ内容に変化して言ったらありがたい。
理は日本人にあるのだから、静かに訴えるデモでも効果あると思うんだけどね。

産経の社説が言いたいことを言ってくれているので紹介したい。
ヘイトスピーチ 正当な批判と侮蔑は別だ
批判すべきなら、普通の言葉で、堂々とすればいい。ことさらに憎しみをあおるような発言は、批判や意見とは、まったく異なる。
 朝鮮学校周辺で差別的発言を繰り返す街宣活動などを行った団体やメンバーらに、京都地裁は損害賠償などを命じた。

 街宣活動では特定の国籍や民族などへの偏見を持つ、いわゆるヘイトスピーチ(憎悪表現)が繰り返されていた。

 問題となった街宣活動は「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などのメンバーらが京都市の朝鮮学校に対して行い、示威活動の映像をインターネット上にも流していた。

 朝鮮学校が隣接の児童公園に朝礼台を置くなど不法占拠していることへの抗議を名目として始めたものだという。だが繰り返されたシュプレヒコールは、判決で言及されたものだけでも「朝鮮人を保健所で処分しろ」「日本からたたき出せ」など聞くに堪えない言葉が並んでいた。
 街宣活動は朝鮮学校の授業中などに執拗(しつよう)に行われ、悪質だとして刑事事件にもなっていた。メンバーらの一部が授業を妨害した威力業務妨害容疑などで逮捕され、有罪判決を受けている。

判決は、街宣活動で繰り返された侮蔑的発言を国連の人種差別撤廃条約が禁止する「人種差別に該当し違法」だと認定した。

 損害賠償額も約1200万円と高額にした。在特会側は街宣活動の発言を「意見の表明」などと主張したが、判決は「侮蔑的な発言(いわゆる悪口)としか考えられない」と断じ、「公益目的とはとうてい認められない」と違法性を厳しく指弾した。

 憲法が保障する「表現の自由」との兼ね合いを問題視する声もある。だがこれは、それ以前の問題である。

 ヘイトスピーチについては今年5月の国会審議で、安倍晋三首相は「結果として自分たちを辱めている」と指摘し、「日本人は和を重んじ、排他的な国民ではなかったはずだ」と述べた。

 その通りだ。

 中国や韓国の反日デモでは、多くの日の丸が焼かれた。侮蔑的な言動もあったが、その多くは放置された。日本と日本人は国内で、あらゆる国や民族へのそうした行為を許さない。そういう存在でありたい

日本人として『ヘイトスピーチは辞めよう』と自分は言います。
もちろん、韓国人の日本人に対するヘイトスピーチは批判すべきだし。
在日の事実上の特権は廃止すべきだとも思う。
そしてマスコミはこれらの事実をきちんと報道すべきだ。
しかしそれはこれ、これはこれ。
それらは個々で批判すべきことであり、ヘイトスピーチの免罪符とはならない。
自分も行き過ぎた保護されている在日に関してはありえないと思っている。
被害者ヅラをしながらも威嚇して、特権を獲得する。
そして日本にタカリ続けながらも反日行為を繰り返す在日は全て韓国、北朝鮮に帰るべきだと思う。
それでも、これらは在日に対してヘイトスピーチをする理由にならない。
差別ニダ~、ヘイトスピーチされたニダ~と喜ばしているのが現実だ。
批判は普通の言葉で堂々と行いたい。

こういう記事を使って。
【社説】孤立無援の在日朝鮮人を支援すべき
京都地裁は7日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の小学校の周辺で「朝鮮人は夜道に気を付けろ」などと叫び街宣活動を行った極右団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」とそのメンバーに対し、学校から半径200メートル以内での街宣活動禁止と1226万円の賠償を命じる判決を下した。在特会は在日韓国人・在日朝鮮人の排斥運動を繰り広げており、メンバーは約1万3800人に達する。在特会のメンバーは2009年12月から10年3月にかけて、京都市南区にある朝鮮第一初級学校の周辺で「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「キムチ臭い」「スパイの子ども」などのヘイトスピーチ(憎悪表現)を伴う街宣を行い、初級学校の児童を苦しめた。
 日本政府はこれまで「ヘイトスピーチを禁じる法律はない」という理由を挙げ、こうした街宣に対し見て見ぬふりをしてきた。今回の判決は、過激な団体が作り出す嫌韓の雰囲気の中でも、日本の良識はまだ衰えていないことを示したという点で意味がある。
 在日韓国人・朝鮮人の3世・4世の多くは、本人が日本で暮らしたいと思ってそこに住んでいるわけではない。植民地時代の強制連行・徴兵政策で祖父や曽祖父が日本に連れていかれたり、日本の略奪的植民地政策のため暮らしが成り立たず、日本に渡ったりした人々の子孫だ。67万人を超える朝鮮人徴用・徴兵者は、ありとあらゆる迫害の中で強制労働に従事し、敗戦後も日本で暮らすことになった。日本の過激団体は、こうした歴史を忘れ、被害者の子孫を苦しめている。 日本の過激団体が暴れる中で孤立無援となっている朝鮮総連系在日朝鮮人の境遇に、目を向けずにはいられない。朝鮮総連は50年以上にわたり、北朝鮮権力の日本支部にして「金づる」の役目を果たしてきた。しかし、金日成(キム・イルソン)主席、金正日(キム・ジョンイル)総書記、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の3代にわたる悪行によって北朝鮮が国際的に孤立する中、朝鮮総連だけが例外でいることはできなかった。北朝鮮による日本人拉致事件が明らかになり、朝鮮総連は解決困難な危機に直面した。北朝鮮だけを見て時代の流れに逆行してきた朝鮮総連が自ら招いた事態ではあるが、それでも在日朝鮮人の苦境だけは座視できない。
 依然として朝鮮総連に所属している在日朝鮮人は少なくない。これらの人々は、北朝鮮からの支援を期待できず、一方で韓国政府へ気軽に手を伸ばすこともできない境遇にある。これらの人々をこのまま見放すのかどうか、真剣に考えるべきだ。韓国のほかに、誰が引き受けられるだろうか。韓国以外に、彼らを引き受けられる国は世界のどこにもないのだ。 現在、南北関係は行き詰まっているが、それならばなおのこと、韓国が朝鮮総連系の在日朝鮮人をかばってやるべきだ。一時は背を向けていたものの今では苦境にある同胞の手を取ってやるというのは、韓国だけができる、道理ある行動だ。政府だけの仕事ではない。民間でもこれらの人々を支援する道がないかどうか、模索してみてほしい。


まぁいろいろと突っ込みどころのある記事だ。
平気で嘘を書きますなぁ。
67万人を超える朝鮮人徴用・徴兵者は、ありとあらゆる迫害の中で強制労働に従事し、敗戦後も日本で暮らすことになった。日本の過激団体は、こうした歴史を忘れ、被害者の子孫を苦しめている。
これは在日が被害者ヅラするためによく付く嘘だ。
【外務省発表】戦時徴用わずか245人。自由意志で在日←クリック。
img_1500738_60425950_0.jpg
戦時徴用者の残りは245人のみ。それ以外は密入国者+その子孫。
これはヘイトスピーチではなく事実を事実と言っている。
間違っているのならそれなりの証拠を出して欲しいものだ。
私が証拠ニダ、は認めません。
記事では、在日の皆さんの将来は韓国政府が見たいということらしいです。
在日の皆さんは是非とも大好きな朝鮮半島に帰る準備をするべきではないのか?
日本で育ち、日本文化しか知らない、日本が大好きな人は残ればいいと思う。
しかし、当然「普通の日本人」として暮らすべきだし特権などなど欲していないだろう。
いや、自分は朝鮮人でマイノリティだから特権が必要という人は韓国に帰ればいい。
待っているのは金づるとして韓国政府からの財産没収とかだろうけど。
大嫌いで住みたくない日本に住む続けるより良いはずだ。
朝鮮人の皆さんは誇り高い民族なんでしょ?
日本が嫌いは外国人は、日本から出ていけばいいだけ。
これはヘイトスピーチでも何でもない。
日本を愛して、日本のルールを守り、日本のために働いてくれる外国人は歓迎したい。
これはごく普通の、日本人と外国人を区別した当然の意見だ。
そう思う、という人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きいちさんには、心から同感です。

日本人として『ヘイトスピーチは辞めよう』と、私も言いたい。

嫌いな相手に対しても、人としてしていい事と、悪い事があるのは当然ですし、ヘイトスピーチは日本人が持つべき、礼儀正しさや、気高い精神と相反するものだと思います。

ことに韓国人や中国人が、喜んでやりそうなレベルの事は、本当に日本人にはやめて欲しい。

ヘイトスピーチよりも・・・

保守運動には、ひねりが必要だと思います

在日は出ていけ~とやるよりも
「在日帰還事業を応援するデモ」とか、
「かわいそうな在日を国へ帰してあげようデモ」とか、
「在日特権で差別されている在日を
普通の外国人と同じ立場で扱うように法律を変えてあげようデモ」とか
「韓国人と日本人、お互い嫌いなんだから、協力して一緒に日韓国交断絶を実現しようデモ」とか

何しろ相手には人権弁護士&ありあまる潤沢な資金があります
裁判など起こされたら、こちらは傷だらけ、相手はへいちゃら

今後はいかに相手に隙を与えないかがカギです
一歩間違えると、人権侵害法案まで一気に進みます

感情に感情で返すな!

 こんにちは。

 一連の日本国内におけるヘイトスピーチについて、ハッキリ言ってやり過ぎ感があるし、限度を通り越しているとしか思えません。

 その原因として私は韓国における反日デモへの不満と怒りからか、一部の人間が嫌韓デモや集会を展開してますが、ハッキリ言って「やられたらやり返す」的なもので、感情論に感情論でぶつけるのは水かけ論でしかないし、何の解決にもなりません。

 韓国に嫌悪感を持つのは勝手だが、だからと言って過激な行為に訴えるのはいかがなものかと思います。またこれらのデモや集会が、日本のイメージ悪化につながればどうするのかって言いたい。

 情けないことに日本国内にはそれを取り締まる法律がないと言うんだから、これもヘイトスピーチを助長してるんじゃないだろうか。欧米だったら民衆扇動罪で即逮捕ものなのに。

 言論の自由をいいことに、過激なことに訴えるのは間違ってますし、感情的で倫理的ではないです。
 ヘイトスピーチは暴力に暴力で訴えるのと同じこと!!

No title

さて、件の公園は、京都市が撤収をお願いしています。
ならば、仲良くしようぜデモがいいでしょう。
日本人と朝鮮人は仲良くしよ~!
まず第一歩に京都市と仲良くしよ~!
そのために京都市に公園を返そ~!
と訴えましょう。
抗議は隙を作らず、嫌らしくが基本です。
これを叩く事は日本人の多くを敵に回す事になります。

在特会より冴えたやり方

まず、各人が日替わりで公園使用許可を取り、朝から夕方まで、常識的範囲内で全く私的な行動を行います。
体育などが出来ない朝鮮学校が嫌がらせをします。
それを誰かがビデオに撮っていて、ネットに流されたり、裁判の証拠資料に使われます。
これは完璧に上から目線で戦えます。
在特会は頭悪いです。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。