スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在特会という『武器』

あと、在特会の関係者らしき人からメールが来ましたので紹介します。
ニュースで10/7に以下の内容が報道されました。
在特会の街宣に禁止命令=朝鮮学校訴え、損害賠償も−京都地裁

京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)周辺での街宣活動で業務を妨害された
などとして、学校を運営する京都朝鮮学園(同市右京区)が「在日特権を許さない
市民の会(在特会)」と関係者8人を相手取り、半径200メートル以内の街宣禁止と
計3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が7日、京都地裁であり、
橋詰均裁判長は同範囲内の街宣禁止と1226万円の支払いを命じた。

在特会の桜井会長のブログから「京都朝鮮学校による勧進橋児童公園不法占拠事件において、
これに抗議した在特会などに対する民事訴訟の一審判決が下りました。
在特会は、控訴を決めておりますが、一審判決において仮執行宣言が付いているため、控訴に際
して強制執行を防ぐために供託金を納める必要があります。供託金は賠償金額をもとに算出され
ますが、原審の額が大きいため在特会だけでは賄いきれないのが実情です。担当弁護士の予想で
は800〜900万円となっております(控訴期間があるため来週末までには納めなくてはいけません)」

在特会の方法論などにいろいろとご批判、問題があるのは事実でおります。
一方で彼らが先頭を走って、身を粉にして問題提起をしてきたのは、事実と思っております。

今回のメールの趣旨は寄付の呼びかけのお願いではなく、こういう事実が、今現在あるということを
周知して頂きたくご連絡しました。
ブログの主旨と違う内容かもしれませんがご賛同頂ければ、
是非、きいち43様のブログにて取り上げていただければと思いご連絡しました、よろしくお願いします。

追伸)
抗議活動が授業妨害に当たるというのが流れておりますが、活動自体は、配慮して日曜日に
行っております。当日後者の中には、事務員の方だけいらっしゃったみたいです。

以下にご参考に今回の動画を用意してあります。

桜井会長の一審判決後の声明発表のニコ動です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22007194#!sm22006056

当時の状況を混じえた動画です(こちらが分かりやすいと思います)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22005285

桜井会長の一審判決のブログの内容です。
http://ameblo.jp/doronpa01/

在特会とヘイトスピーチについて記事を書きましたが。
ヘイトスピーチと在日の住むべき国。→クリック。
ちなみにこの記事はすこぶる評判が悪かった。
自分の読者には在特会を支持している人が多いのかなぁ?
ちょっと意外です。
韓国人は大嫌いだし、特権意識のある在日も嫌いだけど「節度のある叩き方」をしてきたつもりなんですけどね。
人気がなかったとしても自分の意見は変わりませんけどね。
在特会のやっている事はヘイトスピーチであることは変わりない。
日本のためには、もっと穏便なデモ行為を行って欲しいと思う。

だからといって、在特会の今までの貢献度が大きいことは異論はない。
明らかに朝鮮人関連の人々は在特会を嫌がっている。
それも当たり前だ。
今まで黙って特権を受けていたのに、在特会はそれを暴いて行く。
軋轢もあり、自らの身が危険にさらされる可能性もあるだろうに。
先頭にたって行動する在特会は尊敬に値する。
しかし、だからこそ、もっとうまく行動してもらいたいと思うのだ。
感情に任せた行動を許していたら、結局組織運営は厳しくなると思うんだけどね。
在特会の貢献度に比較すると、在特会の支持する人は少ないと思う。
ネットの世界でももてはやされても、実際はこの判決で組織的な危機に陥っているし。
このまま在特会が無くなるなんてことはあるのだろうか?
そうなると喜ぶのは在日や韓国人ということになり、それは避けたいと思う。

それを考えると、在特会というのも『武器』的な役割を果たしているのかなぁ?
使ってはいけないけど、無ければ身を守れない、みたいな。
しかし、在特会の行動が『人種差別禁止法が必要だ』なんて左翼に付け入る隙を与えていることは事実。
なかなか答えの出ない疑問だと思うけど。
少なくとも、このリンクを載せるくらいはしておきたい。
↓↓↓在特会の支援者の方はリンクを確認してください。
『支援のお願い』児童公園を不法占拠した京都朝鮮学校の抗議裁判 控訴にむけて←クリックお願いします。

当ブログへのクリック協力もお願いしたいなぁ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

武器でもありますが。

武器かなぁと思う気持ちと考えはよく分かります。
例えば映画にもよくあるような悪人には正義の側のダーティーなハリーのような。
それも必要でしょう。

しかし、今一番必要なのは広く一般の日本人にマスコミが隠し、加工してしか伝えない韓国などの実体を伝えることだと思います。
それに対してプラスであるのか、マイナスであるのか?

それを伝える以前に拒否反応を持たれたり、疑われたりしたらそれこそ相手側に利用されえるだけでしょう。

そして一般の日本人は何となく綺麗ごとを言う方に取り込まれて行くでしょう。

まだまだ大人しく上品な在特会

日本人らしく上品に、穏便にというのは、
「日本人だけ」を大人しくさせるための常套句です

中韓が反日するときにも、必ず日本に対して
「周辺国への配慮とか、先進国としての自覚」など
綺麗ごとで日本を黙らせようとします
そして日本人はそれにコロッと騙される

従軍慰安婦問題で、
「ふざけんなこのやろう、嘘言いやがって」と
言わなければならないところを、日本人らしく上品に
「自分の意思とは反して売春をせざるを得ない女性には同情する」
とやったのです。それでどうなりましたか?

他国のように暴動が起こらない日本
そしてそんな自らを「日本人らしく上品」などと言って自ら権力者の都合のいい存在でいるのですから、おめでたい

在特会が過激?本当にそうですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ヘイトスピーチは世間の印象を下げるだけで逆効果

No title

ブログに試算の意見も一理あると思いますよ
「在日特権に反対する会」なのに「チョン殺せ!」と
一部人間でもやると、マスコミはソコを切り取ります


奴ら人権を盾にして裁判するし、マスコミも日本の裁判所も左巻きだから上手くやって欲しいってことでしょう?
奴ら加害者のくせに被害者面するのは分かってるでしょうに・・

「レイシストしばき隊」も名称を変えました。「しばく」という言葉が印象悪いからでしょうね。奴らも仮面をかぶるのに必死です。


きちんと届出して理路整然とデモして訴える・・コレを貫かないと
国民に広まる前に頓挫する可能性がある。自分もそう思いますよ


ブログ主様にお願いしたいのは在特会という文言を使うときに正式名称「在日特権を許さない市民の会(在特会)」と表記して欲しい・・・面倒だと思いますがww

自分は影響力は低いですがミクシイの日記などで取り上げる際、そうしてます
正式名称を表記することで興味を持ち、検索する人が増えると思うからです


マスコミも司法も中立と思って「目には目を」的感情論に走ると、成し遂げられなくなる・・ブログ主様の意見はごもっとも

No title

在特会の活動が事情を知らない一般人には過激に見えるし、反日マスコミが切り貼りしてさらに印象を悪くするように印象操作していくるという点は、拡散をねらいとしているなら考慮すべき重要なポイントだと思います。そういう点からの批判は妥当なものです。

しかし一方、きれいごとをいって在特会を批判する人も多い。そういう人は現実を見ていないと思います。在日朝鮮人と対話したらいいという。対話が成立する相手なら、そもそも嘘の歴史を理由に差別特権を貪って日本に寄生するようなことはしていません。

それで、だからこそ、在特会には在日勢力に討論を呼び掛けてみることを提案したい。のりこえねっとみたいな、大学教授やジャーナリストを標榜している者も参加するような組織ができたのだから、今がチャンスです。
ネットの場で、生で公開討論したらいいと思います。呼びかけるのもネットでやればいい。こうすれば、政治ネットは見ていないけれどネットは見ているという層、つまりほとんどの層で、全人口に対してもかなりの比率にある層も結構届くはずです。在特会VSのりこえねっとという構図は「面白い」ので口コミで拡がる可能性もあるし、まとめサイトのリンクで表示もされればさらに広がります。
在特会自身がツイッター等で拡散もされたらいいと思います。

それで討論が実現すれば、もちろんデータにもとづいて在日がやってきたことについて白日の下にさらすことができますし、相手が討論を拒否したとすれば、相手が対話を拒否していることになりますし、大学教授といった論客までいるのに対話を拒否するということは、どうしてもふれられたくないことがあるからだということになります。
どちらにしても損はないはずです。

相手が法に訴えるとか、やり方を変えてきているので、在特会ももっと巧妙に立ち回ることが必要になってくると思います。

在特会には生き残ってますます活発に活動して欲しい。
昔の日本なら、大金持ちがいて資金援助なんかしたりできたのだろうけど、今の日本では難しいでしょうね。

No title

在特会方法論の件 この種の議論をする際の出発点を

本来 国家がやるべきことを ch桜・在特会といった零細団体が引き受けています。1団体ですべての機能を満たすのは無理です。

ch桜・在特会それぞれの弱点とか限界は並列して周知するのがよいと思います。綺麗役・汚れ役どちらも必要と思います。
汚れ役の人に要望を出すのですから、それに見合う寄付をしたくなります。


No title

在特会はもっとうまくやるべき。
戦後の小難しい事抜きに特権と言えるものを挙げて、訴えれば人々に広がる。
団体名は、自治体の在日への不平等な免税を止めさせる会とかいいですね。

ヘイトスピーチではありません。事実を言っているだけです。
穏便にと言う意見は多少理解できます。支持者を増やすためには自制もある程度必要でしょう。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。