スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河野談話と菅官房長官

産経新聞が「河野談話の嘘を暴く」キャンペーン始めましたね。
記事は多数乗っているのですが、17日の社説が一番分かりやすく、内容も充実しています。

虚構の慰安婦報告 河野氏呼び国会で検証を←クリック。
■新たな談話の発表も考慮せよ

 慰安婦の強制連行を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話の根拠とされた韓国人元慰安婦16人の聞き取り調査結果の詳細が明らかになった。予想されたことではあるが、元慰安婦の名前や出身地、生年すら不明確で、ずさん極まる調査だった。いわれなき対日非難と曲解を招いた河野談話の根拠が大本から覆ったといえる。
 政府や国会は早急に検証作業に着手し、特に国会は、河野氏や談話作成に関与した当時の内閣外政審議室長、谷野作太郎氏らを招致し、経緯を問いただすべきだ。
 自民党の宮沢喜一政権末期に出された談話であり、同党には率先して究明してもらいたい。

 ≪唯一のよりどころ崩壊≫
 河野氏らとともに、談話作成にかかわった石原信雄元官房副長官は本紙に「談話の大前提である証言内容がずさんで、真実性、信憑(しんぴょう)性を疑わせるとなると大変な問題だ」と話している。衆院議長も務めた河野氏は政治家として、国民に説明する義務と責任がある。
 河野談話は「従軍慰安婦」という戦後の造語を使い、募集に「官憲等が直接これに加担したこともあった」と日本の軍や警察による強制連行を認めたものだ。

 しかし、談話発表から4年後の9年、石原元官房副長官の本紙への証言により、日本政府が内外で集めた慰安婦に関する二百数十点に及ぶ公式文書には、強制連行を示す証拠はなく、元慰安婦からの聞き取り調査だけで「強制連行」を認めたことが分かった。

その唯一のよりどころが信用性を失ったのだ。談話そのものが虚構だったともいえる。
 歴代内閣は、聞き取り調査の内容を「個人情報保護」を理由に開示してこなかった。「強制連行」の談話だけを示し、その根拠を知らせなかったのは、国民への背信行為に当たる。安倍晋三政権は個人名を伏せるなどして、概要だけでも公表すべきだ。
 石原氏の証言を受けた9年3月の参院予算委員会で、谷野氏の後任の内閣外政審議室長、平林博氏は「聞き取り調査の裏付け調査を行っていない」ことも明らかにした。安倍政権には改めて、証言の裏付け調査を求めたい。
 日本側の調査に先立ち、韓国の大学教授らが40人余の元慰安婦に面会したものの、「意図的に事実を歪曲(わいきょく)しているケースがある」として、半数以上の証言が採用されなかった。日本政府が調査した16人には、不採用の元慰安婦が含まれている可能性が高い。

 安倍政権はこの点も韓国側にただし、事実なら抗議すべきだ。
 石破茂自民党幹事長は「(証言を)よく精査したい」と述べ、菅義偉官房長官は「歴史学者らによる学術的な検討が望ましい」と語った。政府も与党も、腹をすえて検証作業を行ってほしい。

≪事なかれ謝罪外交の末≫

 その結果、偽りの見解の作成過程がより明確になれば、速やかに談話を破棄ないし撤回すべきだ。一部識者が指摘するように、検証結果に基づく新たな官房長官談話を出すのも有力な方法である。

 慰安婦問題は宮沢政権発足間もない平成3年12月、慰安婦だったという韓国人女性が日本政府を相手取り、謝罪と損害賠償を求める訴訟を起こしたのが発端だ。宮沢首相の訪韓を控えた翌4年1月、当時の加藤紘一官房長官は十分な調べもせず「おわびと反省」の談話を出し、宮沢首相も日韓首脳会談で謝罪した。

 宮沢政権の“事なかれ謝罪外交”の行き着いた末が、河野談話だったともいえる。
 当時、日本の一部マスコミも慰安婦問題追及キャンペーンを展開した。この中には、慰安婦が「挺身(ていしん)隊」の名で集められたと書いたりする誤報もあった。

 新聞週間にあたり、マスコミにも反省を求めたい。
河野談話が招いた誤解は韓国だけでなく、米国をはじめ国際社会全体に広がっている。

 今年も、国連の拷問禁止委員会が慰安婦を「日本軍の性奴隷」と表記し、日本政府に「関係者の処罰」を求める勧告を出した。7月末には、米グレンデール市で、ソウルの日本大使館前に設置された「慰安婦の碑」と同じ少女像が設置され、日本軍が慰安婦を連行した、と碑文に記された。

 安倍政権には、歴代政権が放置した日本の不名誉な歴史を正すため、国際社会に向けた事実に基づく積極的な発信を期待したい。

河野談話は強制性を認めているが、証拠は何もない。
河野談話は慰安婦の証言を聞き取り調査しただけで作られた内容。
その慰安婦も韓国政府が恣意的に決めた人選。
聞き取りされた慰安婦は、韓国側の調査で「作為的な証言」をするメンバーに認定されている。
つまり、韓国側は最初から騙す気が満々だった。
そして日本側も騙される気が満々だっというわけです。
ほんと書いていてムカムカする。
河野洋平こそ日本一の国賊だ。

産経の記事は、やけに安倍政権は○○すべきだ、と書いていますね。
安倍晋三政権は個人名を伏せるなどして、概要だけでも公表すべきだ。
安倍政権には改めて、証言の裏付け調査を求めたい。
安倍政権はこの点も韓国側にただし、事実なら抗議すべきだ。

これは、非難なのか、応援なのか?
この記事の発端となったのは、韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書を入手した事です。
どこからか聞き取り調査報告書を入手したのか?
もしくは誰が産経に調査報告書をリークしたのか?
政府内部の人間しかありえないでしょうね。

秘密保持法を制定しようと進めている安倍内閣において、意図せぬリークがあるとは考えにくい。
意図せぬリークであったらもっと大騒ぎになるはずだろう。
少なくとも菅官房長官がこの文書リークのことを知らないとは思えない。
それを考えると、何らかの取引があったと思われる。
この安倍政権への注文は、安倍政権が行いたいことではないか?
リークするからこういう記事を書いてね、という取引はありえそうです。
河野談話の撤回は政治的リスクが大きい。
真正面から慰安婦問題にぶつかった維新の橋本市長を見ると、慰安婦問題の大変さがよくわかる。
だからといって、この問題は放置していいレベルではない。
本音と建前を使い分け、うまく処理していく必要がある。
「歴史学者らによる学術的な検討が望ましい」と建前を言っておきながら、本音の部分として河野洋平の証人喚問の下準備を進める。出来る男だ、菅官房長官。
まぁ、あくまで自分の想像です、夢想といってもいいレベル。
だって、何とかして河野洋平の証人喚問を行い「河野談話は証拠となりえない」という言質が欲しい。
河野談話の撤廃までは望めば、事が大きくなりすぎる。
せめて河野談話を、韓国側が持ち出したときに「ああ、あれは証拠能力無いですよ」と反論出来る状態にしてもらいたい。
そのためには、慰安婦問題に対する政府の継続的なブレない意識と、国民がそれを監視していく必要がある。
とりあえず、今は凸しておきましょう。

首相官邸にメール
自民党へメール
菅官房長官にメール
凸文例
外国で暮らす日本人の子供が「性奴隷を強要した子孫」としていじめにあっています。
慰安婦の強制があったと韓国側が主張する理由が河野談話です。
その河野談話の決め手となった証言は不正確であると分かりました。
日本人の不名誉を正すためにも河野洋平を証人喚問すべきです。
河野談話の嘘を暴き、日本人の名誉を守ってください。
自民党が河野談話を発表したのだから自民党が責任もって対応すべきです。

最後にもう一つ。
新聞週間にあたり、マスコミにも反省を求めたい。
と産経は記事に書いているが。
新聞週間に当たり朝日新聞は猛省をするべきだ。と書くべきだ。
とりあえず朝日新聞取る人間は『国賊見習い』です。と当ブログは主張していきたい。
そんな当ブログに応援クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いざ!反撃を!

来ましたねーっ!
産経新聞、GJ!!☆5つあげたいくらい♪
この日の産経新聞を全世帯に配って欲しいです。
これは大スクープではないでしょうか?

文書リークはありそうですね。
今まで出なかった調査内容が、いきなり出たなんて不思議過ぎます。
やっぱり朝鮮人が調子に乗って無関係な国にまで慰安婦像を建てたり、
在米邦人もイジメや差別に遭ってることで、そろそろ白黒ハッキリ
させとくかー…ってとこでしょうか。

朝日といえば、今朝、新聞がポストに入っていました。5日間の無料
お試し読みキャンペーン実施中とのこと。
こんなキャンペーンやるより、慰安婦捏造記事で謝罪するのが先じゃ
ない?と思いました。
こんな新聞売らされて、販売店さんもいい迷惑ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 こんにちは。

 慰安婦問題における元凶として有名な河野談話、これが韓国をつけ上がらせ、日本の立場を脅かしかねないものになったが、それがいかにして大間違いだったかと言う動きが見えてますが、日本の為を思うなら徹底的にやってほしいです。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。