スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国参拝するのにどこにも配慮とか要らない。

首相、靖国参拝見送りへ 秋季例大祭、真榊を奉納
安倍晋三首相は17日に始まった靖国神社(東京・九段北)の秋季例大祭にあわせ、供え物の「真榊(まさかき)」を「内閣総理大臣」名で奉納した。同神社が明らかにした。首相は20日までの例大祭期間中の参拝は見送るとみられる。ただ、首相周辺は「例大祭の期間外の参拝もあり得る」としており、首相は引き続き参拝の機会を模索する考えだ。
 首相は17日午前、首相官邸で記者団の「例大祭での靖国参拝を見送るか」との問い掛けに直接答えず、「おはよう」とあいさつするにとどめた。

 首相は今年4月の春季例大祭の際も「内閣総理大臣」名で真榊を奉納し、参拝を見送った。8月15日の終戦の日も参拝せず、自民党総裁として玉串料を奉納した。
 首相は第1次政権で参拝を見送ったことを「痛恨の極みだ」として、第2次政権中の参拝に意欲を示していた。ただ、中国や韓国は、いわゆるA級戦犯が合祀(ごうし)されていることを理由に首相の靖国参拝を牽制(けんせい)。首相も国会答弁や記者会見で、参拝するか否かについて「(靖国参拝が)政治問題、外交問題に発展していくという観点から申し上げない」と繰り返していた。
昨年9月に自民党総裁選で当選した首相は、同年10月の秋季例大祭にあわせて靖国神社を参拝。同年12月の衆院選圧勝後の記者会見でも「日本のために命をかけた英霊に対して、尊崇の念を表す。これはどの国のリーダーも行っていることだ」と強調していた。
 歴代首相の靖国参拝は、18年8月15日の小泉純一郎首相(当時)を最後に途絶えている。

安倍さんが秋季例大祭中の靖国参拝を見送りました。
また「ガッカリ」が少し積もりましたね、残念です。
靖国参拝を見送った理由は「中韓への配慮」というより「アメリカへの配慮」でしょうね。
もしくは「国際社会」へのポーズ。
日本は中韓との関係回復に努力していますよ、と。
必要なこととは思うけど、ではいつまで配慮を繰り返すのか?
実際、中韓、アメリカ、国際社会への配慮が日本の国益になるのかな?
まず、中韓への配慮は意味がないのは確実ですね。

中国外務省 靖国不参拝でも供物奉納に反発
中国外務省の華春瑩報道官は17日の定例記者会見で、安倍晋三首相の靖国神社への供物奉納について、「改めて日本側に対し、侵略の歴史を適切に正視、真摯に反省し、アジアなど被害を受けた国の人民の感情を尊重し、適切に問題を処理するよう促す」と反発し、安倍首相本人による参拝を控えたことは評価しない姿勢を示した。
中国からしたら、靖国参拝は日本の内閣支持率に干渉できるチャンス。
高支持率を維持している安倍内閣の足を引っ張るチャンスを逃すわけない。

安倍首相の靖国供物奉納に「深い憂慮と遺憾」 韓国外務省
韓国外務省報道官は17日、安倍晋三首相が同日、靖国神社に、供え物の「真榊」を奉納したことに「深い憂慮と遺憾」を表明する論評を発表した。
 この日の記者会見で報道官は、「安倍首相が過去の侵略戦争を美化し、戦犯を合祀(ごうし)している靖国神社にまた供物を送ったことに、韓国政府は深い憂慮と遺憾を表明せざるを得ない」と述べた。さらに、「日本の政治家が歴史を謙虚に顧み反省することを基に、周辺国家と国際社会からの信頼を積み重ねていくことをもう一度促す」と語った。
 安倍首相本人の参拝ではない供物奉納について「中国や韓国への配慮」とみる分析もある、との質問に対し報道官は、「日本国内でそのような意見があるのかどうか知らないが、韓国など周辺国に配慮した結果だという意見には同意できない。韓国国民すべてが同じ考えだと思う」と付け加えた。

韓国国民の全員が安倍さんの配慮を認めないそうです。
まぁ、韓国人は人の気持ちを慮る能力がないのです。
あくまで「自分たち」の利益と感情優先。
配慮する方が間抜けに思えますね。
靖国参拝を見送りました、それは当然で真榊の奉納さえ許せないそうです。
では、韓国に配慮して真榊の奉納までやめて配慮するか?
次は「靖国神社の存在自体が気に食わない」と言ってくるでしょう。
こちらが気を使えば、調子に乗るのが韓国人です。
配慮=こちらが優勢、もっと言ってやれ、となる。
中韓へ配慮しているとのポーズが、アメリカや、国際社会へのアピールとして必要なのかもしれない。
ならば、もうアピールは十分じゃないですか?
日本の首相としてやるべきことをやってもらいたい。
配慮する事だけが国益ではない。
『中韓への配慮は無意味』と国際社会へアピールすることが国益だ。

創生「日本」が再始動 石破氏を意識し勢力拡大図る
自民党や日本維新の会などの保守系議員による超党派議連「創生『日本』」(会長・安倍晋三首相)は17日、国会内で役員会を開き、今月29日に総会を開くことを決めた。会員数は143人で、増員を目指し新人議員に加入を呼びかけていく方針も確認した。
 総会は今年3月5日以来8カ月ぶり。自民党の石破茂幹事長を中心とする勉強会「さわらび会」が今月1日、96人を集めたことに対抗し保守系議員の結束を図る狙いがある。議連幹部は「自民党内で『さわらび会と張り合うのか』と指摘があり活動を控えてきたが、今後は新人に声をかける」と述べた。
 役員会には自民党の萩生田光一筆頭副幹事長、維新の平沼赳夫国会議員団代表ら12人が出席。11月に地方議員を対象にした研修会を開くことも決めたが、「靖国神社に行かない会長の下で研修会をやって意味があるのか」と首相への不満も漏れた。 

自分は支持率の高いうちに参拝しておいたほうがいいと思っていたけど。
この記事見たら「支持率が下がってきたので支持率回復のために参拝する」という手もあるなぁと思った。
そのための手段として参拝を控えているのだろうか?
まぁ、そんな姑息な考えはないと思うけど。
自分はお正月あたりにシレっと靖国参拝するような気がするなぁ。
今回で「中韓への配慮」が無駄ということの証明できたわけだし。
8月15日や例大祭などの注目を浴びる時期をずらして「初詣」という風習を利用して。
日本は宗教の自由が認められているんだから。
首相といえども初詣くらいは、好きな神社へ言ってもいいんじゃないかなぁ(笑)
靖国参拝という内政干渉を許してしまうと「騒げば日本は配慮する」と間違えたメッセージを送ることになる。
今まで散々そうやって日本の国益を損じてきた。
国民として「首相が靖国参拝出来ない状態」は容認し難い、と意見は出しておきたい。

首相官邸にメール
自民党へメール
メール文例
安倍首相は、秋季例大祭中の靖国参拝を見送る方針だと聞きました。
中韓への配慮のためだとしたら、的はずれだとしか思えません。
参拝しようが、しまいが中韓は反日行動をやめることはしません。
むしろ配慮して参拝を取りやめすると「騒いだら日本は配慮する」と間違えたメッセージを送ることになります。
日本の首相は毅然と、しかし淡々と靖国参拝すれば良いのです。
国民として、安倍首相の靖国参拝を応援します。

安倍さんが靖国参拝が出来ないのならば、この先ずっと日本の首相は靖国参拝出来なくなりそうだ。
そんなことになったら、それこそ「痛恨の極み」だと思うのだ。

応援クリックの協力をお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たまにお邪魔しますw

同意です

靖国は心の問題といいながら、結局政局化しているのは
安倍さんです

国際情勢に関わらず、参拝すればいいんですよ
状況を見ながらその是非を判断するから政局化するんです

中には「中韓が擦り寄ってきたら参拝すればよい」とか
「カードはむしろこちらにある」と言う意見もありますが大反対です

そもそも靖国に「政治・外交カード」が存在してはいけないのです

カードとかいう表現がされるたび英霊に申し訳ない無い気持ちに
なるのは自分だけなんですかね・・・

中韓に「ふざけるな」と言う気持ちは恐らく一緒です

でも「カード」とかいう表現で「涙流しながらゼロ戦で敵空母に
突っ込んだ人」に報いてるんですかね・・・

次元を下げる必要はないです
「自分達が今を生きているは少なからずあなたたちのおかげ」
それが本質と思うのです

安倍さんは今の自分の本質の価値観から外れています
勿論価値観は人それぞれです

でも現状支持できません・・・それだけ

No title

青山さんによると、靖国参拝は、米国の圧力によるものらしいです。

日本はいつまで米国の属国でいないといけないのでしょうか?


日本人が、神社に行っても、お寺に行っても、教会に行っても、モスクに行っても何の問題ない。


米国の誤解を解かなくてはなりません。



河野売春婦談話の再調査を望んでいます。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。