スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイーブ外交やめてタフ外交に。

フィリピン、領有権問題で中国に立ち向かう すご腕の米法律家雇い国際機関に提訴
南シナ海の領有権を巡って攻勢を強める中国に対して、フィリピンは2013年1月、国連海洋法条約に基づき仲裁裁判所に提訴している。中国と領土問題を抱えるアジア各国のなかで、訴訟に踏み切ったケースはまれだ。
この訴訟のフィリピン側代理人は、国家間の係争で実績のある米国の法律家だ。この人物は、過去にも「小国」を率いて「大国」に挑み、勝利した経験を持つ。

南シナ海をU字型に取り囲む「ナインダッシュ・ライン」
フィリピン側を代表するのは米ワシントンの法律家、ポール・ライクラ―氏だ。2013年10月14日付の米ウォールストリートジャーナル(WSJ)電子版では、その経歴を詳しく紹介している。これまで担当した国際裁判では、対米国との訴訟でニカラグアを、対ロシアでグルジアを、対英国ではモーリシャスを、それぞれ率いた経験を持つ。母国との対決となった1980年代の対米訴訟では、米政府が、当時ニカラグアのサンディニスタ左派政権の転覆を図り反政府勢力に加担したのは国際法に違反するとの、国際司法裁判所の判決を勝ち取っている。
フィリピンが主張するのは、中国が南シナ海で推進する「ナインダッシュ・ライン」の違法性だ。このラインは、中国が領有権を主張する西沙(英語名パラセル)諸島とインドシナ半島の間の海域からカリマンタン(ボルネオ)島まで南下し、そこから北上して南沙(英語名スプラトリー)諸島を取り込みながらフィリピンの西岸まで、アルファベットの「U」の字を描くようにぐるりと囲む。広大な海域を「中国領」に含むものだが、周辺国のフィリピンやベトナム、ブルネイ、マレーシアなどと領有権を争う島々が存在する。
フィリピンは、ナインダッシュ・ラインが国連海洋法条約違反で、「自国の基線から12海里を領海、200海里を排他的経済水域(EEZ)」とする同法の規定は適用されず、中国の海洋権益として認められないと訴える。

中国は2012年、西沙諸島の島に「三沙市」を設立し、中沙、南沙諸島をも管轄するとした。この島は軍用の空港も備えている。最近では中国人観光客が島々を訪れ、上陸することもある。
南沙諸島ミスチーフ礁では1995年に建築物を建て、実効支配を始めた。ここはフィリピンのEEZ内にある。さらにフィリピン・ルソン島西方沖約200キロにあるスカボロー礁を巡っても両国は対立。2012年には中国当局が監視船を送り、フィリピン海軍と長期間にわたってにらみ合う事態になっている。2013年9月にはフィリピン国防省が、中国がコンクリートブロックを設置したと発表。ミスチーフ礁同様、施設を建設して実効支配を進める企てだと非難した。
「尊大な中国」を国際社会にアピールする機会になる
裁判の期間についてライクラ―氏はWSJに、双方の言い分が対立している場合は3~5年を要するだろうと語った。仮に中国が訴訟に敗れた場合でも、知らん顔を決め込み着々と実効支配を進める可能性は否定できない。だがこれまでの国際裁判では95%以上の割合で、当事国が裁定に従ってきたという。仲裁裁判所の判断を無視すれば、国際社会から不信が高まる。中国といえども、そう簡単に国際ルールを踏みにじれないだろうとの計算だ。
首都マニラ郊外に住む30代のフィリピン人男性はJ-CASTニュースの取材に、「今回の提訴は、中国に対する抗議の象徴的な姿勢」と政府の方針を評価した。軍事力や経済力では中国が圧倒し、このまま南シナ海の島々への影響力を強化されれば訴訟に勝っても実質的には得るものがない。それでも勝訴により、道徳的に有利に立てることには意義を見いだす。
米の敏腕法律家が「チーム・フィリピン」を率いる点について、「フィリピンの人々は支持していると思いますが、それほど大きなニュースになっているわけではありません」。裁判の行方が、中国の海洋政策に大きな影響を与えないだろうと人々は少々悲観的にとらえているようだ。半面「国際社会に向けて、中国がいかに尊大で、弱者をいじめるような存在かをアピールする機会にはなるでしょう」と話した。

英フィナンシャルタイムズ電子版は2013年5月29日付の記事で、フィリピンの対中訴訟を「勇敢か、それとも向こう見ずか」と紹介した。記事の終盤では、尖閣諸島(沖縄県)を巡って中国と対立を続ける日本をはじめ、類似の問題を抱えるインドネシアとベトナムを名指しして、「フィリピンのように、仲裁裁判所を通じて自己の立場を主張するだけの勇敢さを持ち合わせていないのは情けない」と皮肉交じりに論じている


1347377946.jpg
中国に立ち向かうフィリピンに拍手を送りたい。
フィリピンの頑張りは、日本の国益にもなりますね。
巡視船10隻プレゼントするのでもっと頑張ってもらいたい。
日本も尖閣の実効支配を強めてもらいたいものだ。
しかし、こうして地図で見るといかに中国がわがままな領有権を主張しているかよくわかる。
あまりにも欲張りすぎである。
これだけ欲張りしておいて恥じることを知らない中国人。
これだけ欲をむき出しにしておいて、日本には牽制するという。
中国紙「悔い改めていない」と非難 閣僚の靖国参拝
中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は19日、新藤義孝総務相らによる靖国神社参拝について1面トップで伝え、参拝は「この国(日本)が(第2次大戦時の)侵略暴行をいかに悔い改めようとしていないかを国際社会に明確に示した」と非難した。
 同紙は、靖国神社について「世界中が最も醜い戦争の傷痕と見なしている」と決め付けた。(共同)

現在進行形で侵略行為をしている中国に他国を非難する資格はない。
これくらい言ってもいいはずだけど。
なんだか日本のナイーブ外交はそろそろ見直さなければいけない。
保守速報さんに面白い記事が載っていました。
日本ばかり謝罪しているのに、他の国は謝罪すらしていない
中国……1979年のベトナム侵攻で謝罪したことは一度もない。

北朝鮮…朝鮮戦争で韓国を侵略したことを謝罪したことは一度もない。

韓国……韓国軍のベトナムにおけるライダイハン等の残虐非道な行い"を正式に謝罪・ 賠償していない。
朝鮮戦争で北朝鮮に国土を蹂躙されたのに謝罪を求めたことは一度もない。

米国……ベトナム戦争でベトナムに謝罪したことは一度もない。

英国……香港を植民地にしていたのに謝罪したことは一度もない。

仏国……ベトナム・アルジェリアを植民地にしていたのに謝罪したことは一度もない。

蘭国……インドネシアを植民地にしていたのに謝罪したことは一度もない。

独国……ナチの虐殺行為は認めているが、他国を侵略したことで謝罪したことは一度もない。

露国……東欧諸国を戦後弾圧し続けていたが、民主化後謝罪したことは一度もない。

スペイン… フィリピンを何世紀にも渡り植民地にしていたが謝罪したことは一度もない。

ポルトガル マカオを何世紀にも渡り植民地にしていたが謝罪したことは一度もない。

日本……1度も戦争してない、植民地だった韓国にまで、何度も何度も謝罪している。ついでに賠償までしている。

ようするに日本がペコペコしすぎ

土下座外交はダメだって2次大戦前学んだはずだろ

本当にその通りだ。
もう日本人は謝罪するのに疲れてしまったよ。
謝罪を求められたり、内政干渉されたら毅然とした態度で言い返してもらいたい。
騒ぐのは中国韓国のみで、ほかの国はとやかく言わないんだから。
靖国問題=内政問題なので他国にとやかく言われる筋合いはない。
慰安婦問題=すでに解決済み。韓国政府が責任をもって解決するべき。
歴史問題=国家ごとに歴史観が異なるのは当たり前。
こんな感じで原則的な言動を繰り返し、いちいち特亜の反日行動に反応しない。
反日行動を行うのならば、日本も外交的な協力は出来かねると意思表示する。
そうやって反日行動は利益にならないことを分からせるのが一番。
反日行動に反応するナイーブ外交を卒業し、敵対行為には毅然とした態度で対抗するタフ外交を進めるべきだ。
ここまで書いて、気づいたんだけど中韓を無視するのは安倍外交が行っていることですね。
安倍内閣の外交は、既にタフ外交を行っています。
しかし防御だけでなく、そろそろ攻撃も期待したいものだ。
首相の靖国参拝や河野談話を打ち消す内容の菅談話の発行などかな。
そういう日本が攻勢に出る未来を期待したい。
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本日は皇后陛下の79回目のお誕生日です。

本当におめでとうございます。天皇皇后両陛下のご公務への熱意に有難い思いで一杯です。
お年を重ねられて、なおも美しい皇后陛下の更なるご健康を心の底からお祈り申し上げます。

天皇陛下万歳!皇后陛下万歳!!!!!!



No title

きいちさんのご指摘には、本当に同意です。


帝国主義時代の、植民地政策(侵略)なんか、

あやまる国はないんですよ。

戦争に負けてなきゃ、満州国なんか今でも国ですよ。

全然問題ない。

負けたくせに、「勝てば官軍を、負ければ賊軍」 を信じすぎです。

少しは考えて、日本人。

急がば回れ

外交が猪突猛進、直情で出来るわけもなく外野が騒いでもまったく無意味。
事態がどうなのかを見誤るもとでしょう。
安倍首相が評価されているのはあくまで経済政策です。
別に靖国参拝がどうだとか、集団的自衛権がどうだとかでは基本ないということを忘れては駄目。
もちろん、一般の日本国民も中国の横暴や韓国のしつこさには辟易していて、それでアンケートをとっても中韓は嫌いという結果が出ます。
でも繰り返しますが、保守が求めていることが出来ている出来ていないではありません。
そこを勘違いすると世の中の流れを見ない独りよがりに成ります。

安倍首相が本来目標にしていることがなかなか出来ずにある意味トーンダウンしていても結構だと思いますよ。
なにしろ戦後六十数年、いうなれば左翼の世の中だったわけですからこれで安倍氏の動きが数年遅れても別にどうということもなく、更に安倍氏が今までの歴史認識を継承するというならば安倍首相の次、或いはそのまた次に期待し応援すれば良いだけのことです。
大事なのは安倍氏の方向性を他の政党とか自民党の党内親中、親韓派に戻さないことではありませんか。

タフに、強かに、あせらずに。

これ以上の謝罪は無意味!

 おはようございます。

 日韓基本条約にて謝罪も賠償も済んでいるのに、それすら理解せず執拗に要求してくる韓国が無神経ではないだろうかと思うし、日本もまたこれ以上韓国に謝罪することは韓国をつけ上がらせるだけです!!

 謝罪要求や内政干渉などには毅然とした態度で突っぱねるか、相手にしないのが常識です。

 大体他国は植民地支配だ戦争で起こした行為に対し、謝罪したって試しがないが、自国の利益を考えている以上、自国を貶めるような態度には出ないのです。
 謝罪すれば別の問題が出るだけで、事態がややこしくなりますからね。あとは植民地だった国が独立した際、外交関係を結ぶ際にケリをつけていることもあります。

 植民地支配された歴史を持つ国で、宗主国にネチネチ謝罪と賠償を要求してくるのは韓国だけで、他の国、インドなど他のアジア諸国やアフリカ諸国などは宗主国に対して謝罪及び賠償要求したって試しがないです。

 よく引き合いに出されるドイツだが、ナチス時代のユダヤ人虐殺は謝罪したが、ポーランドなど侵攻及び占領した国に国家間で謝罪した話は聞いたことないです。ドイツの場合はナチスが全部悪いのであって一般のドイツ人は悪くないと言う態度ですからね。

 ドイツに限らず、ヨーロッパの場合はユダヤ人に対してかつての迫害や虐殺を謝罪しただけですからね。
 言うなれば、ユダヤ人にはペコペコするが植民地支配した国には知らんふり同然です。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。