スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気とTPP。

景気判断、全9地域で上方修正=内需堅調、雇用も改善の動き-日銀・さくらリポート
日銀は21日、秋の支店長会議を開催し、全国9地域の景気動向に関する「地域経済報告」(さくらリポート)を公表した。その中で、全国9地域の景気判断を7月の前回報告から引き上げた。全地域での上方修正は今年4月以来2期ぶり。内需が堅調で生産が増加し、雇用・所得環境に改善の動きが出ていることが主な要因。北海道と四国については、2005年4月の調査開始以来、初めて「回復」の表現を盛り込んだ。(2013/10/21-19:28)
20131021ax04.jpg
アベノミクスの成果が出ており、確実に景気は上昇しています。
問題はこのあとの消費税増税の影響がどの程度出るのか?ですね。
国会の予算委員会でも追求されていますので紹介します。

衆院予算委の質疑要旨
21日の衆院予算委員会での質疑要旨は次の通り。
 【経済政策】
 石破茂氏(自民) 消費税率を引き上げても経済が安定的に成長すると考える理由は。
 安倍晋三首相 (税率を5%に上げた)1997年当時に比べ金融システムはまだ安定し、企業の財務体質も相当強化されている。景気の下振れリスクに対応しながら、成長軌道を元に戻すような対策を打っている。
 上田勇氏(公明) 経済対策を5兆円規模とした根拠は。
 首相 民間予測で2兆円程度とされる(増税前の駆け込み需要に対する)反動減を大幅に上回るものにする必要がある。成長軌道への早期復帰に対応する観点からだ。
 長妻昭氏(民主) 所得再分配政策で消費を喚起すべきだ。
 首相 所得を再配分するには財源を確保しなければならない。名目経済が成長すれば、税収も保険料収入も増える。
 前原誠司氏(民主) (アベノミクスで)賃金は上がらず、年金は下がり始めている。
 首相 (デフレ脱却に向けて)ゴルフで言えば、バンカーを出なければならない。ボールはまさにグリーンに乗ろうとしている。
 【国会改革】
 石破氏 日本の首相の国会出席日数は、他の先進国に比べて多い。党首討論の活用など国会改革をすべきだ。
 首相 歴代首相(の中に)も「もう少し静かに考え、熟考し、決断を下していく時間があった方がいい」と述べる方々が多くいた。党首討論で与党と野党のトップが議論し中身を深めることが重要だ。
 【安全保障】
 石破氏 安全保障上の課題をどう考えるか。
 首相 (中国を念頭に)潜水艦をわが国領海で徘徊(はいかい)させ、出て行かないという状況を恒常化させようという狙いがある。
 石破氏 重要な情報を管理するために特定秘密保護法を制定すべきだ。
 首相 各国情報機関との情報交換は、秘密厳守が大前提だ。日本版NSC(国家安全保障会議)の機能を発揮させるためにどうしても必要だ。
 【憲法】
 篠原孝氏(民主) 憲法96条の先行改正はまともな道ではない。
 首相 国民の過半数の支持を得るには至っていない。国民の議論が熟しているわけではないので努力していきたい。憲法全般についていろんな(見直しの)議論がある。議論が進んだところからということもあるだろう。
 篠原氏 内閣法制局長官を代えて、(集団的自衛権の行使を可能にするため)憲法解釈を変更するのは賛成できない。
 首相 彼に解釈を変えさせるということではない。安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)や与党で議論を行い、その中で決めていきたい。
 【環太平洋連携協定(TPP)】
 大串博志氏(民主) TPP交渉で「聖域」とは、重要5項目の586品目を意味するのか。
 首相 自民党において今、検証しているところだ。
 大串氏 聖域を守れなければ交渉脱退も辞さないというのが公約では。
 首相 交渉のさなかに脱退と申し上げるのは適切ではない。
 【原発】
 塩崎恭久氏(自民) 東京電力福島第1原発の汚染水漏れについて「完全にはブロックできていない」との指摘もある。
 首相 外洋でもモニタリングを行っているが、基準濃度をはるかに下回る値だ。(2013/10/21-21:13)

消費税増税に関しては、熟慮した上で決定した事だけあり、答弁がすべらかですね。
ネットの世界では景気は折れると言われていますが、自分はそうでもなく結構楽観視しています。
なんとかなると判断したから消費税決めたんじゃないかなぁ、と。
安倍さんも、景気動向が内閣支持率の生命線だってことは当然わかっているし。
第一次安倍内閣と比べて、慎重に、したたかに成長した第二次安倍内閣。
内閣の行く末を決めるのだから、勝算あっての決定だと思う(というか思いたい)
安倍内閣でうまくいっている安全保障関連についても、迷いがないように感じる。
得意分野ですし、ほかの政権、今までの自民の内閣に比べても抜群の安定感なのではないでしょうか?
しかしTPPの話題になると歯切れが悪いです。
実質、何も答えていないと同じような感じです。
農業の既得権益を守ることについては執着しないけど、自動車関連のことについては、慎重に見ていきたい。
軽自動車の税制優遇を廃止とか無いように。
軽自動車は優遇されているという意見はあるのはわかる。
多少の優遇見直しは仕方ないとは思うけど、廃止とかは話が違う。
都内に住んでいると気づかないが、地方は軽自動車が無ければ生活が成り立たない。
TPPの交渉において、国民の利益を守る交渉力があるのかの試金石となる。
今後の経過を注視していきたい。

しかし、国会答弁は民主のダメさが浮き彫りになる。
興味のある人は、ここら辺の記事を参照してください。
維新、民主 攻めあぐねる野党
【「首相はゴルフが頭離れないのか」海江田・民主代表】
海江田氏は牧場の件が頭から離れないに違いない。
逆に全く気にしていないのならば、それはそれでスゴイが(人としてどうなのか?)
民主党政権で需給ギャップが35兆円から15兆円に縮小した。失業率が5.4%から4.2%に減った。有効求人倍率も伸びて実質GDPも増えた」
需給ギャップはマイナスだったし、株価は下がり、給料は減った。
何か行った訳ではない民主党が何を言っても、何も響かない。
こんな国会議員に国費が一億円も使われている。
国会議員の破格の優遇。税金で支払われる維持費は年間約1億円。
政治家にも『成果主義』とか導入できないものかなぁ?
まぁ、成果=選挙結果というのが建前なので。
多少なりとも選挙結果を左右できるように、自分も活動していきます。

ちなみに今日でサイト開設一周年です。
長いようで短かった一年でした。

睡眠時間を削り、余暇時間を削り、娘から白い目で見られながらパソコンを独占した一年でした(笑)
別にイヤイヤやっているわけでなく楽しいから、やりがいがあるからやっています。
本当にサイトの運営は辛くて苦しいけど、楽しくて面白くてやりがいがある。
とても充実した一年でした。
そして自分の文章で少しでも「日本」が良くなるように貢献できたら、本当に嬉しい。
これからも自分なりに頑張っていきます。
記念に応援クリック押しちゃいましょうよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一周年おめでとうございます。
特亜関連のニュースを読み、自分はこう感じたけどみんなはどうだろう?
と思った時にこちらのサイトを読み「あ、同じ考えの方がいる」
と安心する日々を送っています。
勿論「うーん、これは考えが合わないなぁ」と思う事もありますが。

これからもお身体や時間に無理のない範囲で、ためになる記事、解説をお願いします。

一周年おめでとうございます!

【関西の議論】
「韓国は戦争状態」「反日心配」滋賀県立高の韓国修学旅行に保護者「反対」、実施方針の学校側と対立
2013.10.23 07:00 (1/3ページ)[westピックアップ]

 滋賀県立国際情報高校(同県栗東市)が11月に予定する韓国への修学旅行をめぐり、保護者の一部から反対の声が上がっている。韓国での反日感情の高まりや南北関係の情勢悪化による安全面への懸念などを理由に上げるが、学校側は「問題ない」として予定通り実施する方針で、説明会を開くなどして理解を求めている。しかし保護者側は「修学旅行は保護者の十分な理解を得ること」とする文科省の通知にも違反するとして計画変更を迫っており、学校側と対立を深めている。


「恒例の韓国修学旅行」に突如、反対の声


 昭和62(1987)年度に創立された国際情報高は、平成元(1989)年度から韓国への修学旅行を実施しており、米同時多発テロのあった13年度と新型肺炎が流行した15年度以外は毎年訪れている。

 今年度は、11月12日から3泊4日の日程で修学旅行を計画。2年生がソウル市内を訪れ、伝統舞踊やキムチ作りなどを体験するほか、姉妹校提携しているソウルの文一高校の生徒らと交流する。

 学校側は今年5月、保護者を対象に修学旅行の説明会を開催。その際、数人から韓国行きを反対したり、不安視したりする意見が出たという。現地で反日感情が高まっていることや、南北関係が悪化の兆しを見せていることなどから安全面を懸念する声があったほか、衛生面での不安を口にする保護者もいたという。

 これらに対し、学校側は「外務省が『今すぐに危険はない』と説明している」「食事は衛生管理されたホテルやレストランでとり、生ものは食べない」などと説明し、理解を求めた。

< 前のページ 1 2 3 次のページ >
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131023/wlf13102307000001-n1.htm
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。