スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国政府の慰安婦捏造運動に、日本国民で倍返しだ!

日韓、慰安婦問題で漫画戦争勃発! 韓国の出品に日本は“倍返し”で対抗

慰安婦問題の真実を伝える漫画「The J Facts」
 韓国政府の暴挙が発覚した。フランスで来年1月に開催される国際漫画フェスティバルに、慰安婦問題を題材にした漫画50本を出品して、日本や日本人の名誉を貶めようとしているのだ。わが国の誇るべき文化・漫画を悪用した「反日」政策といえる。これに憤慨した日本の若き会社社長が、韓国の卑劣な嘘を暴く、真実の慰安婦問題を伝える漫画100本を制作し、「倍返し」の徹底抗戦をするという。

 「子供たちが楽しみに読む漫画で、事実とまったく違う内容を描き、日本と日本人を傷つけるなんて…。一報を読んで『絶対に許せない』と思いました。これは、お金の問題じゃない。徹底的にやります」

 こう語るのは、都内でコンサルタント業や漫画広告事業を営む藤井実彦氏(41)。今回の「論破プロジェクト」の発案者であり、実行委員長である。

 藤井氏が奮起するきっかけとなったのは、今年8月14日付のブログニュース「サーチナ」の以下の記事だ。

 《韓国の政府機関・女性家族部(省)は13日、国際社会に日本軍慰安婦被害者の実情を知らせるための漫画を制作し、来年1月にフランスのアングレーム市で開かれる世界最大級の国際漫画フェスティバルに出品・展示する計画であることを明らかにした》

 同ニュースなどによると、韓国側は100ページ程度の慰安婦漫画と短編を計50作品も制作。同フェスティバルに出品するとともに、英語やフランス語などに翻訳し、世界各国の学校などに配布し、国際社会にアピールするという。現在、韓国系団体が全米各地で慰安婦の碑や像を設置する悪らつな宣伝工作を進めているが、ついに韓国政府が前面に出てきたようだ。
 記事には、10月上旬、国連ですさまじい反日演説をした、韓国の趙允旋(チョ・ユンソン)女性家族相の「今後も継続的に国際社会の積極的な理解を求める」とのコメントも掲載されていた。

 言うまでもなく、第2次世界大戦当時、公娼制度は合法だった。慰安婦は世界各国にいたプロの戦時売春婦であり、当時の日本兵の数十倍もの高給を得ていた。反日メディアの虚報などで間違った情報が広まっているが、日本軍や官憲による強制連行を示す政府資料は一切見つかっていない。

 慰安婦募集の強制性を認めた、1993年の「河野洋平官房長官談話」については、根拠である元慰安婦への聞き取り調査がずさんだったことを、産経新聞が10月16日にスクープした。これを受け、日本維新の会が、同談話を検証するプロジェクトチーム(PT)を近く発足させるなど、日本国内に見直しの機運が高まりつつある。

 藤井氏は「嘘で塗り固められた韓国の慰安婦漫画を放置できない。日本側としても『慰安婦問題の真実とは何か』を冷静に解説する漫画を制作して、同フェスティバルに出品しなければ。『韓国に倍返し!』で、100本の作品をそろえて対抗する」と決意し、「論破プロジェクト」を立ち上げて動き出した。

 こうした趣旨や行動に、上智大学の渡部昇一名誉教授や、拓殖大学の藤岡信勝客員教授、外交評論家の加瀬英明氏、作曲家のすぎやまこういち氏、「金田一少年の事件簿」で知られる漫画家のさとうふみや氏、月刊「WiLL」の花田紀凱編集長らが賛成し、プロジェクトの賛同人として名前を連ねた。

 漫画フェスティバルに出品する代表作は「The J Facts」。慰安婦問題について知識のなかった姉妹2人が、これまでの経緯や、韓国側の嘘を学ぶことで、「慰安婦問題の真実」にたどり着く-というストーリーで、原作は藤井氏、作画は大雲雄山氏が担当した。83ページの力作で、11月にフランスでフランス語版を出版するという。韓国側をたたく内容になっていないあたりが、日本の見識といえそうだ。

 日本語版発行の準備もしており、今後、英語や韓国語に翻訳して、世界各国に広めていく計画という。

 同プロジェクトでは、これ以外に、前出の「河野談話」の背景を描く漫画など、数十本を用意しているが、まだ100本には足りない。このため、プロでなくても、学生や一般人など“漫画心”があり、「日本を守りたい」という人たちの協力を求めているという。

 韓国系団体などによる慰安婦問題での暴挙に対しては、最近、米国内の日系人や在留邦人、日本の普通の主婦らが「歴史を捏造するな」「日本や日本人の名誉を汚すな」と立ち上がり、具体的な論拠を示して、反対運動を展開し始めている。

 藤井氏は「韓国側の宣伝工作で、米国内では日系人の子供がイジメられている。韓国の慰安婦漫画を放置すれば、世界中で同じような辛い目にあう子供たちが出てくる。私には4人の子供がいるが、子供たちに嘘で貶められた日本を残したくない。私は民間の立場で真実を訴えていくが、日本政府にも立ち上がってほしい」と語っている。

韓国の捏造慰安婦宣伝に倍返しだ!!!
cbc06bc6-s.jpg
韓国政府機関の女性省が前面に出て慰安婦捏造漫画の政策、出展を計画している。
今までは反日広報組織であるVANK等の民間団体が主な活動組織だったのが、今回は政府組織が出てきたということですね。
韓国政府が堂々と捏造慰安婦問題を広報しています。
ここは日本も政府組織がカウンターに乗り出すべきだと思うのだが。
アメリカのブエナバーク市での慰安婦像設置却下も、在米日本人による活躍が大きい。
日本政府は「慰安婦問題を政治問題にしない」としているが、そろそろそれもどうだろう?
日本政府が動かないから市民団体が動かざるおえない。
今回の漫画でカウンター行動を支持します。
一応、どういう人が中心人物か位は知っておきたい。

会社概要 アイコミックス
今回の漫画で倍返し運動の名称は「論破プロジェクト」
そして論破プロジェクトの実行委員長が、都内でコンサルタント業や漫画広告事業を営む藤井実彦氏(41)
その藤井氏の会社がアイコミックスです。
アイコミックスは、漫画で企業の宣伝業務を請け負う会社。
漫画広報のプロフェッショナルと言っていいですね。
企業広報と政治問題広報と違いはあれど、漫画で広報という日常業務と同じ事を行うことになります。
その道のプロが仕掛ける戦略に期待したいと思う。
ま、穿った見方をすれば「藤井氏の企業の宣伝になるんじゃないか?」と私欲での行動を疑う人もいるだろうけど。
実際、漫画での自己紹介を読むと、上昇志向が豊かな人物とは思う。
だが、慰安婦カウンター運動が金になるとは思えない。
私欲だけでこんなめんどくさい、リスクもある事に絡むわけないしなぁ。
多分、もっとこの活動が広がれば韓国人や一部の在日朝鮮人から相当嫌がらせが来るだろうし。
論破プロジェクトの結果としてアイコミックの売り上げが伸びる事はむしろ望ましいと思う。
日本の国益に貢献して、自己現実も達成できるのならば、素晴らしいことだ。
この企業が絡む新しい慰安婦反対運動に期待したい。
そして、この企業が絡む保守行動が、世間に認知されて場合、第二、第三の藤井氏が現れるかもしれない。
そうして「企業がセールスとして行う保守活動」が広まったら良いなぁ。

『論破プロジェクト』の賛同者にもそうそうたるメンバーが名を連ねている。
論破プロジェクトとは
賛同人一覧(50音順、敬称略)
•加瀬英明(外交評論家)
•黄 文雄 (評論家)
•さとうふみや(漫画家・論破プロジェクト漫画選考委員長)
•すぎやまこういち (作曲家)
•高橋史朗 (明星大学教育学部教授)
•田中英道 (東北大学名誉教授)
•中村 功 (経営者漁火会会長)
•西村幸祐
•花田紀凱 (『WiLL』編集長)
•濱口和久 (拓殖大学客員教授)
•坂東忠信 (全国防犯啓蒙推進機構理事(元.通訳捜査官))
•藤岡信勝 (拓殖大学客員教授)
•水間政憲 (近現代史研究家)
•鳴  霞 (ジャーナリスト)
•惠隆之介 (「沖縄・尖閣を守る実行委員会」代表)
•茂木弘道 (「史実を世界に発信する会」事務局長)
•山際澄夫 (ジャーナリスト)
•渡部昇一 (上智大学名誉教授)

後援団体(50音順)
•「慰安婦の真実」国民運動
•株式会社安田建設
•幸福実現党
•日本の歴史を考える会

協賛企業・団体
•株式会社安田建設
•島根と日本の誇りを守る会
•有限会社林商事


なお、論破プロジェクトでは支援者を募集しています。
ご支援いただく場合には下記のように5つの形がございます。
1.facebook、twitterでいいねやフォロワーになっていただきこの企画を拡散する
2.企画にご賛同いただき、漫画やイラストを投稿していただく(入賞賞金あり!)
3.論文や記事などをご投稿いただき、ROM-PA.comを盛り上げていただく
4.ウェブ広告のご購入や、協賛金のご寄付をいただき、ROM-PA.comをご支援いただく
5.英語版や各国版の翻訳作業にボランティアスタッフとしてご協力いただく

どなたでも、日本を愛する全ての方に本趣旨をご理解いただき、なんらかの形でご参加いただければ大変嬉しく思います。 個人の協賛金は一口1,000円からできます。 facebookやtwitterでフォロワーになっていただくのは、費用がかからず、ご賛同をお示しいただく、大変嬉しいご支援です。 どんなことでも構いません。 是非、日本に対する印象を悪くしようとする国に対して、正しい論陣を張る為の場所として、「論破ドットコム」は作られました。 よろしくご支援の程、お願い申し上げます。

フェイスブックやツイッターでの『いいね』は気軽にできるし、拡散に役立ちます。 
論破プロジェクトを、どんどん拡散していこう。

論破プロジェクトはこちらをクリック!!!

漫画の投稿も募集しています。
募集フォームもあるので、絵心のある人は気軽に参加してみてはどうだろうか?
賞金も出るみたいだから、やりがいもあるぞ。
投稿漫画でサポートを!
あなたのマンガを世界に発信し、慰安婦についての間違った歴史観を払拭しませんか?

史実ベースに基づいた内容であれば、すでに発表済みの作品でもOK!
最優秀賞には賞金20万円を差し上げます。
賞金:
•最優秀賞:賞金20万円(1人)
•佳作:賞金10万円(3人)
•敢闘賞:賞金5万円(5人)

締め切り 2013年12月24日 


論破プロジェクトの応援をよろしくお願いします。
当ブログの応援クリックもお願いします。 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大川隆法は慰安婦2人の守護霊を呼び出して、
「証言は嘘。韓国政府の指示でやっている」と語らせたお方ですからね、
頑張っていただきたいですね(笑)

「金田一・・・」は全巻持ってます、明智警視派です。

韓国の歴史教科書の捏造を指摘する漫画を作るべきと思います。韓国では書籍は販売部数が少なく、市場が育たなかった。日本では邪馬台国論争でも幾つもの論説があり、発掘調査によりさらに論説の補強を行ったりして関連図書がたくさん出版されて売れる市場がある。

韓国は反日教育で言論の自由に制限があり、国民に知らせないこともたくさんある。ベトナム戦争でのライタイハン、フィリピでのコピノなど。ハンガンの奇跡の背景にあるアメリカ、日本、台湾の支援と裏切り、仏教弾圧と仏像破壊や奴隷の収奪や寺院の破壊、朝鮮進駐軍、台湾や朝鮮半島での日本の近代化政策、国民としての戸籍や住民票の作成、土地調査事業による土地の登記簿(所有者や売買契約や所有者の確定以外は国有化)による治山治水事業の展開、インフラの整備(国道や地報道、病院や学校の整備や港湾整備)、殖産工業、現地人の採用枠、仏教の再興、日本文化の伝搬(ラジオ体操、剣道などの武術、茶道、折り紙)、奴隷制度や身分制度の廃止、近代的刑法の移植、法律の整備、和製英語のハングル化、前近代的風習の廃止施策、ミンピの実態、リショーバンの実態~いくらでもありすぎて!!!

No title

論破プロジェクト、成功して欲しいです。
ところでこの活動について、注意しておきたいのは、論破といって、朝鮮人を論破することで彼等の目を覚まさせて、日韓友好を目指すということを期待してもだめだということです。

韓国では異常な反日教育が行われているから反日意識をもっていると思っている人が結構いますが、彼らの反日意識は教育だけが原因ではありません。

日韓併合直後から彼等は反日活動しています。
戦前、日本国内でコミンテルンの手先として共産主義活動していた者もいるのです。
戦後の左翼活動の背後にはソ連や中国がいましたが、やはり朝鮮籍の者が手先になって動いていたはずです。

朝鮮人は教育なんかに関係なく反日なんです。


論破の必要があるのはそれを特ア以外の国の人に広められては困るからです。また日本人で本気で特アの捏造歴史を信じている者に真実を教えるためです。
朝鮮人とは相いれない、このことは絶対に忘れてはいけないと思います。近い将来、彼らが嘘がばれて立場が不利になってきたら、また事大してくる可能性があります。しかし、今度はこれを受け入れてはいけないのです。見かけ上反省しているように見えても彼らが本気で反省することなど絶対にありません。

朝鮮は日本にとって永遠の敵だということを日本国民の常識とする必要があると思います。

No title

なお彼等は、反日だけでなく、意識としては、全てに対して反○○であるはずです.彼らの小中華思想と、彼等の民族がおそらくDNA的にもっているサイコパス的な志向性、これがあるため彼等は、どの国とも協調的な関係を構築することはできないし、自国内での人々の関係においてすら、自分または自分の身内以外は信用できない存在として常に警戒して、また相手に隙があれば搾取する対象としてしかみれない、そんな関係にしかできないのです。


実際、韓国は多少経済的に成長できてきたことから、彼等全員ではないですが、彼等特有の意識の肥大化が始まって、その結果、
中国に対して侮辱的なことをいったりしている者がでてきたりしています。反米デモが起きたりしているのを見ても分かるように反米である者は相当の多くいます。

反中や反米を全面的にだしていかないのは、日本のようにはいかないからというだけです。しかし、日本が甘やかした結果ですが、彼らの自大意識はどんどん肥大化してきているから、いずれどこかで暴走するしかなくなるはずです。というか、韓国大統領のおかしな行動をみればすでにかなり暴走する兆候が見えています。


そして、暴走した結果は破綻に決まっていますが、そのとき彼らが泣きついてきても、反省したように見えるその外見にだまされて助けてしまったりしないようにしなければいけません。
助けるどころか、日本はそのチャンスをとらえて、とどめを刺すべきです。それが将来に禍根を残さないために必要なことです。
そして、嘘の歴史でおとしめられてきた日本のご先祖さまたちの汚名を晴らして、過去の歴史の失敗を清算することになります。

論破プロジェクトこそ捏造のオンパレード。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。