スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の日韓関係形成のために。

さて、復帰後一作目はやはり韓国関連から書いていきたいです。
この文春が報じた安倍さんの「韓国は愚かな国」発言。
本当のことを言われて怒るのが朝鮮人クリティです。
と一行で解決しちゃうのですが(笑)
それだと物足りないので、いろいろ書いていきますね。

安倍首相が「韓国は愚かな国」と発言か、韓国メディアが一斉に報道
14日に発売された週刊誌・週刊文春が、安倍首相の側近の発言として、安倍首相が「中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ」と語ったと報道した。韓国国内では、安倍首相が韓国をおとしめる発言をしたとして、各メディアが15日、一斉に報じた。
  韓国メディアは、安倍首相は14日には、日本を訪問した韓国の国会議員などに会い、年内の首脳会談の開催を強く希望していたと紹介。しかし、週刊文春が伝えた安倍首相の発言は、日中韓首脳会談を望む最近の態度とはまったく異なるものであり、2つの顔があると指摘。「本性があらわになった」、「安倍がまた妄言」、「韓国をおとしめる発言」などと非難した。
  また同誌の記事では、日本統治時代の強制動員被害者らに、日本企業が賠償しなければならないとの判決が韓国国内で続いていることに関連し、「日本企業が賠償金を強制的に徴収されれば対抗措置は、(韓国への)金融制裁しかない」という見方があると紹介された。
  もし安倍首相が、実際にこのような発言をしていた場合には、日韓関係の悪化は避けられず、波紋が広がると伝えた。
  しかし、韓国政府は、安倍首相の直接の言葉ではなくメディアの引用報道という点を挙げて、公式な対応を自制する立場を取るとみられている。

中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ、か。
安倍さん、本音言いすぎ(笑)
しかし、安倍さんはこれを本当に言ったのかね?
最近の慎重な安倍内閣の運営を考えると、実際にこういうことをしゃべるほどの脇の甘さは感じられない。
あるとするならば、よほど身近な人の集まりでの発言か、もしくは計算的にリークしたかですね。
そういえば飯島勲内閣官房参与が、週刊文春で連載を受け持っていましたね。
産経にそういう記事が残っていました。
妄想・暴走「韓国」のネタ席巻の雑誌界
『文春』で飯島勲内閣官房参与のコラム「激辛インテリジェンス」が9カ月ぶりに復活。今後、毎週、目が離せない。今号で飯島さんはこう言っている。
 〈(中国に対して)安倍首相は毅然として安易に譲らない姿勢が大事さ。オレは「首脳会談まで三年かかろうが五年かかろうが知ったこっちゃない」と平気で中国側に言ってるもの〉
 韓国に対してもそうあるべきだ。

この飯島氏の意見に100%同意します。
ちなみに、飯島勲氏とは、Wikiではこういうふうに書かれています。
メディア戦略や情報操作に長けており、日本のメディアからは「官邸のラスプーチン」、アメリカのメディアからは「日本のカール・ローブ」と評され、歴代の総理秘書官と比較してメディア露出が多い。
この「官邸のラスプーチン」がある目的をもって、文春にリークしたのだとしても自分は全く驚きません。
当然、安倍さんは「黙認」程度はしているでしょうね。
わざとリークしたのなら、安倍さんもしたたかになったと思うなぁ。
当然非難しているのではなく、心強いと褒めています。

この文春の記事が記載された結果、日韓関係にどのような影響を与えたかというと。
韓日協力委に出席の安倍首相、「リップサービス」ばかり
安倍晋三首相と麻生太郎副総理が15日、東京で開かれた韓日協力委員会の総会にそろって出席し「(両国で)未来志向の関係を構築していきたい」と強調した。1969年に韓日の政治・経済・文化人の交流や理解拡大を目的に作られた韓日協力委員会の行事に日本の現職首相が出席したのは初めてだ。

 安倍首相は13日にイ・ビョンギ駐日韓国大使、14日に韓国の国会議員らと会い、首脳会談の早期開催など韓国との関係改善の意向を明らかにした。しかし、安倍首相は両国間の関係改善で最大の障害となっている歴史認識問題については言及しなかった。

 安倍首相は同日、総会のあいさつで「両国は1965年の日韓国交正常化以来、さまざまな課題を克服し、関係を強化してきた。両国の発展のために手を取り合って協力しなければならない。現下の東アジア情勢を考えたとき、両国は米国の同盟国であり、日韓そして日米韓3カ国の緊密な連携が戦略的に非常に重要だ。今後も大局的な観点から協力を強化し、重層的で未来志向の関係を構築していきたい」と述べた。これは、中国・北朝鮮をけん制するには韓日両国の協力が重要だと強調したものだ。安倍首相の祖父・岸信介元首相は韓日協力委員会の日本側初代会長を務めている。

 韓日協力委員会の日本側新会長に就任した麻生太郎副総理も「両国は最も近い隣人。困難な問題がある時期こそ対話が重要だ」と首脳会談の早期開催の必要性を強調した。麻生副総理は首相経験者で、第二次世界大戦の戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を毎年参拝しており、韓国関連の妄言も多いことで知られている。韓国側は事前に麻生副総理の会長内定を知らされ、日本側に懸念を表明したが、日本は任命の方針を変更しなかったという。

 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は総会に寄せたメッセージで「両国は価値を共有する隣国であり、信頼を土台に、未来志向の関係を発展させていかなければならない」と述べた。安倍首相は朴大統領のメッセージが読み上げられる前にスケジュールの都合で会場を後にした。

 一方、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「安倍首相が『韓国はただの愚かな国』と語ったと」と報じた週刊文春の記事に言及し「(安倍首相が)そんなことを言うわけがない」と否定した。韓日協力委員会総会に出席した韓国の国会議員7人はこの日、同誌の記事に関連した声明で「韓日関係の悪化をもたらすものとして深刻な懸念を表明する。日本政府は記事の内容が韓日関係に及ぼす否定的な波長を十分に認識し、事実関係をすぐに明らかにし、責任ある措置を講じるべきだ」と述べた。そして議員らは開会式には出席したものの、抗議の意思表示として日本の議員らとの昼食会などほかの行事には出席しなかった。

この記事面白いです。
安倍さん、麻生さんそろい踏みで出席した韓日協力委員会の総会のこと。
安倍さん:日韓そして日米韓3カ国の緊密な連携が戦略的に非常に重要だ。
麻生さん:困難な問題がある時期こそ対話が重要だ
と、言っているのに対して韓国は、麻生さんの会長内定に懸念を表している。
韓国は相変わらず失礼な対応しており、その失礼さに自覚がない。 
日本に対して失礼なことを散々しておきながら、自国の悪口には、日本の一週刊誌の記事にさえ敏感に反応する。

馬鹿すぎるでしょ→知っていたけど。
まぁ、今回は日本も少々失礼な対応をしたように書いているけど。
安倍首相は朴大統領のメッセージが読み上げられる前にスケジュールの都合で会場を後にした。
ヒステリーおばさんの言動を聞く暇はなかったようです(笑)
口を開けば日本に対して的の外れたクレームしか言わないパククネ。
さながらモンスターペアレンツならぬ、モンスタープレジデントというところでしょうか。
そもそも、パククネ本人が来ているのではなく、メッセージを読み上げるだけなんです。
一国の首相と副首相が揃って貴重な時間を使って出席したことに感謝するのではなく。
パククネのメッセージを聞くまで在籍していなかったことを非難する。
他者への感謝は感じず、自分たちへ非礼に対してだけは敏感。
それが朝鮮人クオリティです。
まぁ、なんだかんだあって、結局韓国の議員らは開会式には出席したものの、抗議の意思表示として日本の議員らとの昼食会などほかの行事には出席しなかった。
つまり、韓国との関係改善に努力しているように見せかけ、実際の接触はなるべく避ける。
理想の日韓関係が実現できていると思います。

日本側からは菅官房長官が文春は嘘記事だよ(棒)と言っています。
日本の週刊誌の記事に踊らされる韓国議員。
この絵図を書いた人がいるとするならば「韓国人操りやすい(笑)」と大笑いだろうなぁ。

最後にもう一つ記事を。
「日本の態度の変化なしに韓日関係の改善なし」
前略~大統領府は、安倍晋三首相が、機会があるたびに韓日首脳会談について言及していることについても、ほかの意図があると考えている。

 ある関係者は「安倍首相が朴大統領のメッセージに対し答えを出すべきなのに、ただ首脳会談をやろうという話ばかりしている。これは国際社会に対するアピール作戦ではないか」と語った。

 日本による集団的自衛権の行使などの懸案をめぐり、米国側が「韓国側は過度にデリケートな反応を示しているのではないか」というムードが形成されていることにも、大統領府は神経を尖らせている。
 これについて朴大統領は9月30日、チャック・ヘーゲル米国防長官と会った際、安倍首相について「たびたび時代や歴史に逆行する発言を繰り返す(日本の)指導者」と述べた。当時、大統領府は日本に関する朴大統領の発言だけを別途に公開した。

 このような状況にあるだけに、韓日関係の改善は当分難しいのではないかとの見方が広がっている。大統領府の関係者は「国際社会で通用する普遍的な論理に基づき、冷静に対処する必要がある。時間をおいて解決していくしかない」と語った。

流石にこのままではヤバイのではないかと韓国人もわかってきたようです。
しかし、わかってきたからといって、反日傾向を変更するわけにはいきません。
経済立て直しも、年金見直しもうまくいっていないパククネが唯一韓国国民にアピールできる政策が「反日外交」
そもそも、あからさまな「反日外交」はレームダック予防策としてとっておくのが韓国の韓国大統領の常。
政権末期に取っておくべき伝家の宝刀を抜きまくっているのです。
これからパククネは何もできることはないような気がします。
自分から日本に擦り寄ることは絶対にできない。
だからこそ「日本が態度を変えないと、どうしようもない」と言っているのでしょうね。

まぁ、それは韓国の事情。
日本は韓国と付き合わなくても何も困らない。
むしろ「仲の悪い隣国」の国内事情に漬け込んで、今のうちに散々韓国の国際的評判を落としておくのが日本の国益だ。
韓国大統領に、国際社会で眉を顰めるような反日言動を繰り変えさせる。
そうすることで、日本が韓国に対して非協力的な態度をとっても正当化できる国際世論を形成できる。
韓国を徹底的に無視して、かかわり合いを持つことを避ける関係が自然と出来てきている。
安倍内閣は、それを着実に遂行しているように感じます。
時間をおいて解決していくしかないと韓国関係者は言っています。
同感だ、日韓の関係改善には1000年位の時間をかけたほうが良い。
クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「愚かな国」とは的を得てる

 こんにちは。

 まずは出張の方お疲れ様でした。

 この「韓国は愚かな国」発言はハッキリ言って的を得てると言いますか・・・。

 大体韓国は捏造と誇大な妄言で振る舞い、反日ならば何をしても許されると言うイカレた国だから、そんな国とまともな階段など無理があるし、対話のドアは開いていると言うけど「反日を止めない限りは会談に応じない」と強気になっていいのでは。

Re: 「愚かな国」とは的を得てる

アジシオ次郎さん、コメントありがとうございます。

韓国は愚かな国、そう思っている人は日本で増加中ですよね。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。