スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の孤立化を促進させよう。

日韓の「潜在的時限爆弾」 2015年問題とは
なかなか改善がみられない日韓関係。しかし両国間の関係には「潜在的時限爆弾」がある。

 中国の「戦略的反日」に便乗するように「反日悪罵」を吐いている韓国。歴代大統領は就任当初は未来志向をとなえ、政権末期に反日に走るのが常だった。だが朴槿恵(パククネ)大統領は就任早々から反日全開、米中トップとの首脳会談で日本批判を繰り返し、安倍晋三首相との会談は「過去の歴史解釈が道徳的でない」と拒否し続ける。

日本を外し、米中双方とうまくやろうとの二股外交が朴政権の戦略だ。米韓軍事同盟を維持し北朝鮮への軍事圧力を強める一方、韓国の最大貿易相手で北朝鮮に影響力を持つ中国との関係深化を狙った。米国で慰安婦問題をカードに日本を叩き、日本の評判が落ちれば日米離間が可能と考えた」(木村幹・神戸大学大学院教授=韓国政治)

 が、海洋覇権をめぐる米中対立が容易に解けるはずもなく、オバマ政権が日本の集団的自衛権行使検討を歓迎したことに韓国は大ショック、韓国メディアも「日韓首脳が会わないのは異常」と主張をやや転換した。

 日韓の「潜在的時限爆弾」が「2015年問題」だ。国交正常化(1965)50周年の年に、外交関係の礎である日韓基本条約と請求権協定が破綻するのではないかというのだ。

 植民地時代の請求権は、日本が韓国政府に巨額の賠償金を払うことで決着。協定に「完全かつ最終的に解決された」と明記され、個人補償分もそれに含まれた。だが韓国側が条約見直し要求の動きを見せつつある。

「日本企業に戦前徴用された韓国人の賠償請求訴訟の大法院(韓国の最高裁)判決が近く予想されるが、原告勝訴の可能性が高い。そうなれば、個人補償は解決ずみとの協定が崩れかねない。条約見直し要求がメディアで高まれば韓国政府も対応を迫られる。日本政府は応じまいが、関係は一層悪化する」(浅羽祐樹・山口県立大学准教授)

韓国が目論むのは、中国とアメリカの二股外交で韓国の存在感を示しつつ、日本を阻害して自国の自尊心を満たすというのが基本的外交のようです。
アジアのバランサーになるニダ。
・・・・お、おう、まぁ頑張ってくれ。出来るわけがないけどな。

本来、大国の同士のバランサーになるのは、大国でなければ出来ません。
それも状況が限定されています。
大国どうしが戦争、もしくはそれに近い関係が続き疲弊し、関係修復を望んでいる。
その関係修復を、第三者の大国が取り持つことならべ十分可能です。
アメリカと中国は戦争状態でもないし、今は関係修復を望んでいません。
むしろ、互を覇権主義と認識し牽制し合っている状態。
その中に、韓国のような中堅国があいだを取り持とうとしても「何このうざい国」となるのが当たり前です。
呼ばれて無いのにしゃしゃり出るうざい国と思われるのが韓国。
呼ばれてないのにしゃしゃり出て、話す言葉は日本が悪いニダ、なんだから中国はともかくアメリカは意味がわかんないだろうなぁ。

ヘーゲル米国防長官 訪韓時の朴大統領の日本批判に苛立った
11月上旬に欧州歴訪を行なった韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は行く先々で反日を猛烈にアピール。「日本の政治家は歴史問題で不適切な言動を繰り返している」「日本の政治家はドイツをモデルに歴史認識と態度を変えるべきだ」などと“告げ口外交”を行なった。

 朴大統領の「反日憎悪外交」は、同盟国であるアメリカに対しても、事ある毎に行なわれてきた。

 今年5月、初訪米でのオバマ大統領との会談では「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」と“直訴”。9月末に訪韓したヘーゲル国防長官との会談でも、歴史問題や領土問題で日本を批判したのである。

 魂胆はミエミエである。朴氏は強大な同盟国であるアメリカを味方につけ、日本を叱ってもらえば、日本がキャンと鳴くと踏んだのだろう。

 残念ながら、その思惑は裏目に出た。10月3日、日米両政府が東京で開いた安全保障協議委員会にヘーゲル国防長官が出席。その場で、「集団的自衛権の行使を巡る憲法解釈の修正」を支持すると表明した。朴氏が必死になって憲法解釈の修正を批判してきたにもかかわらず、アメリカはそれをあっさりと袖にした形だ。

「ヘーゲル氏は訪韓時、朴大統領に持論の日本批判を並べ立てられて苛立っていた。他に重要な外交課題を持って行ったにもかかわらず、関係ない話ばかりされたからだ。今回、日本の憲法修正支持を表明したのは、朴大統領への当てつけだと見られている」(外務省筋)

最近の韓国の外交優先順は「どうやって日本を陥れるか?」になっているように思う。
本来ならば、どうやって国益につながる外交を行うか?が優先順位が高いはずなのに。
日本を陥れることに必死になって、本来行うべき外交を行えていない。
アメリカからしたら、韓国は自分たちで国を守ろうとしない自立していない国、です。
"米国防総省、韓国 戦時作戦統制権転換 再延期要求に失望感"
韓国が2015年末に予定されていた戦時作戦統制権(戦作権)転換日程を再延期してほしいと要求していることに対して、米国国防部と議会の一角で失望感と嫌気を感じていると<ワシントン ポスト>が30日(現地時間)伝えた。
この新聞は「米国は最近数年間、韓国軍に戦作権の委譲を説得しようと試みてきた。 しかし韓国の前・現職政府は繰り返し委譲の延期を要請した」として「これは韓国軍が米軍の指導力なしに作戦を遂行できるかという疑問を増幅させている」と報道した。 新聞は更に「韓国政府の官吏たちが今夏から戦作権転換延期のための公論化に乗り出しているが、米国の官吏たちはこれに同意していない」として「一部の官吏らは韓国が自身の国防に責任を負いたがらないことに対して不満を表出している」と付け加えた。

自分たちで国を守ろうとせず米軍に依存する韓国が、自衛権を強化して自分で国を守るという気概を見せる日本を批判しているわけです。
アメリカからしたら「何言ってんのお前たち」となるのは当然でしょうね。
アメリカからこのように思われており、韓国が擦り寄るのは中国となるのですが。
最近の中国にも少し動きがあるようです。

「中国外交に軟化の兆し?」 政府、習国家主席の重要講話を分析
政府は、中国の習近平国家主席が10月下旬に出した重要講話を基に「中国の外交姿勢が軟化しつつある」(政府筋)との見方を強め、動向分析を本格化させた。注目点は習氏が周辺外交について「(相手国の)感情を重んじ、常に顔を合わせ、人心をつかむ必要がある」と述べたこと。共産党最高幹部7人全員を集めて開かれた異例の座談会で発表された。

 佐藤地外務報道官は13日の記者会見で「(中国が)実際の行動で外交を展開するか、関心を持って注視したい」と強調。谷内正太郎内閣官房参与も11日の講演で「中国と対話を進める努力が必要だ」と訴えた。

 ただ習氏は周辺国の具体名に触れず、日本を念頭に置いているかは不明。公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海侵入も断続的に起きており、官邸筋は「楽観視できない」と指摘する。

自分は日中首脳会談には賛成です。
日本と中国で仲良くやれというのではない。
必要なことに話し合い、取り決めをしておくべきと思うのです。
尖閣での不慮での事故が、戦争に突入しないようにホットラインの作成をしておくこと。
中国は価値観も政治方針も違いますが無視できない強国です。
必要最低限の国際交流は行うべき。
にこやかに握手し、机の下で蹴り合うという外交の基本を推進すべきです。
嫌いな国だから、国交など要らない、なんて韓国人がいうような事は言わないようにしたい。
中国との国交は国益に適うから、です。
韓国との国交は国益に適いません。
付き合えば一方的に助けることになります。そして感謝もされない。
これでは付き合う意味ないですからね。
しかし、日本とアメリカの協力関係は強化。
そして日韓首脳会談に先駆けて、日中首脳会談が行われたとき。
パククネはどうするんだろうか?
自国が望んでいたアジアのバランサーを日本が行いそうにある危険性を感じるでしょう。
必死で日韓首脳会談を行うように方向転換するのか?
それとも強硬に日韓首脳会談を拒否するのか?
どっちにしても日本政府には今までと同じ方針を貫いてもらいたい。
韓国を無視続ける。
それが日本の国益です。


クリック協力お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

徴兵制度があって、ほとんどの若者が軍の訓練を受けている韓国を、だれも銃も撃てない国である日本が、自国を守る気がないと言うのは、いささか僭越とは思いますが、、、、 でも、筆は剣より強いですから、うちは外交努力でなんとかしましょう。

アメリカ人は70年も前に戦った相手を、今頃敵だと思っていないし、それは日本も同じ事なのですが、1000年経っても許さんなどと言っている国には、理解し難いのでしょうね~?

ただ、韓国があんなこと言ってるの違うよ!って、こっちも訴えたほうがいいと思いますけど。 信じちゃう人が居ると、まずいですからね。

きいちさん、出張お疲れさまでした!

Re: No title

ふすべ庵さん、コメントありがとう。

韓国は民間だけでなく政府まであからさまに反日言動を繰り返してます。

日本は民間は嫌韓言動を行っていますが、政府は抑え気味ですよね。

民間が変われば政府も変わると思っています。

もう少し時間が必要でしょうが、政府もあからさまな嫌韓言動を行うように書いていきます。

お互いに嫌いあっていると世界が認識したその先に、新しい日韓関係が出来上がと思っているのです。

No title

 おはようございます。

 事あるごとに反日ばかり展開し、なおかつアメリカの理解を得ようとする最近の韓国には、日本はおろか国際社会全体が呆れ果てているでしょう。

 まして自分たちで行動せず他人に依存して物事を解決しようとする姿勢、それでいて自衛権を強化して自分たちで自国を守る姿勢の日本を批判、おかしいもおかしいよね。北朝鮮からの攻撃には反撃すらしようとしないくせに。

 反日ばかりして周りが見えてない韓国、いずれ北朝鮮同様「共倒れ」に終わるのがオチだ。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。