スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総裁へのエールを

いよいよ、明日は選挙ですね。
このエントリーが当ブログでの、首相が決まる前の、最後のエントリーになりそうです。
そこで安倍総裁へのエールを。

三宅氏「朝日は安倍というといたずらに叩くけれど、いいところはきちんと認めるような報道はできないものなのか?」
朝日新聞若松「出来ません」
三宅氏「何故だ?」
朝日新聞若松「社是だからです」

あまりにも有名なこのやりとり。
政治に関心のある人で、ネットを開く人は見たことがあるだろう。
「安倍晋三という政治家を叩くことを社是とする朝日新聞」
本当に腐ってやがる。

今日もくだらない安倍さんの中傷記事が載っていました。
電車の中で、初老の男ともめたとか。
あまりにもくだらなさすぎて、引用さえもしたくない。
もう一度いいますが、本当に朝日新聞は腐ってやがる。

安倍さんが首相だった頃、自分はまだ目覚めていなかった。
「戦後レジームの脱却」という崇高な目標を「なんの事だろう」と思いつつ、政治的惰眠を貪っていた。
安倍内閣が「お友達内閣」と揶揄されていた頃「今までの人事と違うならば、今までとは違う自民党が見えるんじゃないの?」と少しだけ期待したが、その後のマスコミの異常な叩き方を見て、失望に変わった。

安倍総裁の祖父「岸信介」は安保問題で、国会を群衆が取り囲み、デモを行い騒然としている時にこう言い放った。
「国会周辺は騒がしいが、銀座や後楽園球場はいつも通りである。私には“声なき声”が聞こえる」と。
孫の安倍さんは、5年前の前回の首相時代には、声無き声は届かなかった。
すでに目覚めていたネットの先達たちの声は届いただろうが、マスコミの罵詈雑言に比べると、多勢に無勢の状態だったのだろう。
しかし今は違う。
民主党の暗黒の3年3ヶ月を経て、ようやく多くの国民が政治に目覚めた。
安倍さんのもとには多くの声が届いているだろうと思う。
「戦後レジュームの脱却」は5年間の時を経てようやく、多数の日本人の価値観に合致してきたように感じる。
時代が安倍さんに追いついてきたのだ。
明日から、新しい日本が始まる

日本国の主権は国民にあります。
明日は、「国民としての主権を行使できる日」です。
正しい選択をして、日本を変えていきましょう。

誇り高い日本を取り戻せる人が首相になりますように。
経済を安定させる政策を具体的に挙げている、唯一の政党が過半数を取れますように。
毅然とした態度で外交にのぞみ、平和と安定の国家を作り上げれる人が首相になりますように。
子供たち、未来の国民の教育を、間違った価値観から取り戻せる人が首相になりますように。
行うべき正しい政策を、既得権益や低脳な野党と戦い、ひるむことなく行える人が首相となりますように。
日本国、国民のために断固たる信念を持って政治を行う人々が政権につきますように。

「我々は微力だが、無力ではない」
同じ保守系のブログで目にした素晴らしい言葉です。
ごくごく微小ながら、自分も声を届けていきたい。
明日は日本を取り戻す戦いです。


日本を取り戻す。人はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

朝日は腐ってやがる。という人はクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 衆議院解散・総選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。