スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特亜は選挙後も平常運行

選挙後の特亜は、相変わらずの特亜です。
変わらなさすぎて笑ってしまいます。
ま、変わらざる得ない状態になるのはこれからですけどね。
ニヤリ


「日本と戦争の可能性」「日本観光に行きたい」 中国ネット上に警戒と期待
【北京=矢板明夫】17日付の中国各紙は、総選挙で自民党が圧勝したことを大きく伝え、高い関心を示した。中国共産党機関紙、人民日報は「安倍晋三政権が誕生する見通し」と伝えたうえで、今後の日中関係についての論評記事を掲載した。「靖国神社参拝、釣魚島(沖縄県・尖閣諸島)、平和憲法」の3つの問題を挙げて、「これらは少しも曖昧にすることができない原則問題だ」と指摘し、対中強硬政策を主張する安倍政権を牽制(けんせい)した。後略。
相変わらずですな。
まぁ、安倍さんは現実感ある政治をするので、いきなり刺激するようなことはしないさ。
きっと、外交を重ねて、中国を経済面や外交面で圧迫するね。
いつの間にか靖国は外交カードにならなくなり、尖閣には灯台がたってると思うよ
その情報を中国内で流さないようにすればいいだけの話。
流したとしても、もう一度デモを許可する経済的体力は中国にあるのかな?
それは、共産党の利益にもなるんだから、まぁせいぜい頑張ってよ。
配慮はするけど遠慮はしない。
あと、円高になるから旅行は来なくて良いよ?
それがお互いのタメと思うのだが。

「戦争ができる日本を叫ぶ政権」 安倍政権誕生に韓国メディア警戒
衆院選で自民党が圧勝したことについて17日の韓国主要紙は「過去に戻る日本」(中央日報)などとして1面で報じ、「憲法改正」を掲げる自民党・安倍晋三政権誕生への強い警戒心を示した。
 朝鮮日報は安倍氏が、「戦争を禁じた平和憲法の改定による国防軍の保有、集団的自衛権の付与、戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社参拝、(日本統治時代の)慰安婦の強制動員を認めた河野談話の修正などの極右公約を掲げてきた」と指摘。「(公約が)一つでも実現されれば東北アジア情勢の激変は必至だ」との見方を示した。後略。過去に戻る日本ではなくて、新しい日本の始まりです
日本に文句ばっかりつけていないで、自国の捏造文化の反省は出来ないのかね?
反日文化をこれからも続けるのら、これからも潜在的敵国としてお互いに牽制し合うことになるぜ。
日本にしたら、どうでも良い事だけどね。
とりあえず、自分の国の心配をしとけよ。
今度、破綻しても助けてもらえるとか思ってないよな?
たとえ安倍さんが援助するといっても国民が納得しないからな!

おまけの台湾
安倍氏再登板に期待 台湾
安倍晋三内閣誕生に向けては、安倍氏が昨年、一昨年と連続で台湾を訪問したことなどから「台湾に友好的」と報じた。
 台湾の中央通信社は、識者や台湾当局関係者の証言をもとに、安倍氏が台湾の与野党要人とのパイプが太いことなども強調しており、沖縄県・尖閣諸島をめぐって、台湾も主権を主張する中、安倍政権による日台関係の安定や発展に期待を寄せた。

ありがとう、台湾。
おれは海外旅行には興味ないけど、台湾には一度行ってみたいと思っているんだ。
漁業権を認めるから、尖閣の領有権認めてくれないかな?
石垣島の漁師さんも、協定を作って安全に漁ができるようになれば許してくれるだろうし。
台湾が認めたら、中国の立場が無くなって実に面白い。

中国、韓国は大嫌いだという人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

台湾は仲良くしたいと思っている方はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

特アよりも

 こんにちは。

 これからの日本の対アジア外交は、特アなんかよりもインドや東南アジア諸国との関係強化を考えるべきです。いつまでも過去をネチネチ根に持って進歩しない国となど対等な関係など無理です。

 すぐに右傾化して戦争を起こしそうだって、そんな大昔のイメージ持ってんじゃねェよって言いたくなる、過去は過去! 今を見ろ!
 22年前に東西ドイツが再統一した際、周辺国は「ドイツが再び強大になればまたヨーロッパにおいてえらいことが起こる」「ナチスの再来を懸念」って言っただろうか! 言うわけがない。これはヨーロッパが大人だからである。だったら特アはいつまでもガキのまま。

 中国に関しては周辺国(フィリピン・ベトナム・インド)と緊張ばかり作る癖して何が右傾化だ!!

Re: 特アよりも

アジシオさん、コメントありがとうございます。

そうですよね。
特亜以外のアジアと有効に、有益な付き合いをすべきと思います。
徴兵制も、自発的な戦争も否定しているのに、なかなか声が届きませんね。
昔の大東亜戦争は「軍部に騙された」わけでなく「マスコミが煽り、国民も戦争を支持をした」のに。
軍部の責任は同然追求すべしです。
しかし、「どうして国民も戦争を支持したのか」などの時代背景まできちんと
捉えて反省しないと薄っぺらい反省になるように思います。
今は戦争はダメだ、で思考停止状態なのは危ういですよね。

国民が「戦争はダメだ」という声を上げる限り、戦争を止めることはできると思っています。
「戦争を行なわないために、抑止力として国防軍が必要」当たり前の事を、ちゃんと主張していきたい。

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。