スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病に倒れてTPPを思う

昨日はブログの更新をサボりました。
インフルエンザで倒れていました(笑)
39度近い発熱と、喉の痛みと咳に苦しめられながらも病院に行き。
病院では隔離された待合室で待たされました。
タミフル処方されて、12時間後には熱は37度まで低下。
ちょっと元気が出てきてムズムズしちゃうくらいですよ。ほんと。
日本の医療はすごいね。
車で10分以内で行ける病院が3件以上有り、土日でも必ずどこかで診察を受けられる(都心に限るが)
薬が足りないなんてことはまずなく、必要とされる薬が必ず出てくる。
国民皆保険に守られて安価な医療費とサービス。
薬代は高めだし、必要な薬の認可が遅いなどの問題はあるけど、先進国としてもトップレベルでしょう。
これ、TPPに参加すると、なし崩し的に破壊される可能性があるんですよね。
アメリカ型の医療システムが入ってくるとこうなります。
アメリカの巨大な医療財閥が日本に参入するでしょう。これは防げません。
アメリカの病院が建てられ、資本の論理(取れるところから取る)で金を儲け、
日本の病院を買収、傘下におさめる。
儲けが少ない地方の病院は切り捨て。
儲けが大きい都心部の病院でも、利益を目的とした運営がされる。
日本医療の崩壊が決定しちゃいます。

日本の助け合い精神のある国民皆保険が破壊されて、アメリカの儲け優先新自由主義的な病院運営に
なるわけですね。
アメリカの病院はこんな感じです。
アメリカの医療費

お隣の韓国は、すでにアメリカとFTAを結んでいますが、大変な事になりそうです。
TPP医療崩壊まねく。慎重に考える会が会合
同会長の山田正彦元農相は「政府としても党としても早期に結論を出すというかたちで(TPP議論が)動き始めた。本当に慎重にやらないと大変なことになる。農業だけの問題ではない。医療や医薬品、国民皆保険は本当に守られるのか、今日はしっかり議論をしたい」。
 日本医師会の中川俊男副会長は「非常に危惧しているのは新自由主義的改革。市場原理を持ち込めばうまくいく、医療も例外ではないというもの。TPPは究極の規制改革だとわれわれは認識している」と危機感を表明。
 TPPによって株式会社の医療参入など規制緩和が実施されるようなことになれば、「民間企業や投資家にとって魅力的な市場が開ける。そうなれば本当にお金がなければ医療が受けられない時代がやってくる」と強調、国民皆保険制度が崩壊しかねないことを訴えた。
 日本歯科医師会の宮村一弘副会長は国民皆保険制度について「人と人との関わりのなかで作り上げてきたサービス。モノではないのでいったん壊れると元に戻るわけではない。国のあり方の問題であり、利益よりも価値として守るべきもの」などと強調した。そのほか日本薬剤師会の七海朗副会長らもTPP協定による医薬品の安全性や薬価制度の自由化などへの懸念を表明した。
◆国民への情報開示が不可欠
 慎重に考える会の山田正彦会長はこれらの報告を受けて韓米FTAに盛り込まれた医療・医薬品分野の自由化について解説。国民皆保険制度のある韓国だが韓米FTAによって保険適用除外を認める規定が盛り込まれ、これに即して経済特区をつくり、通常の6〜7倍もの治療費で診療を受ける大型病院の建設が進められる見込みだという。
 また、医薬品の認証制度も国から独立した機関が担う仕組みに変更され、米国との協議機関を設置、そこで認証が行われることになっているという。
 そのうえで山田氏は「TPPでは韓米FTAよりも高いレベルの協定をつくると米国は言っている」と指摘、医療分野にも大きな影響があり得ることを強調した

韓国も早速アメリカの餌食となりそうですね。
ざまぁ~、グッバイコリア。飢え死にしない程度に古古米と白菜くらいは支援してやるよ。

なんて、喜んでばかりはいられないんですよね。
韓国の惨状は明日の日本かもしれないんだから。
農業が壊滅状態になったら、お米作りの風景も無くなるかもしれない。
医療は崩壊し、訴訟社会となり、ギスギスした社会になりそうだね。
新自由主義が蔓延し「お金を儲けることこそが正義」が当たり前の社会になりそうです。
TPPは参加は日本の文化の敗北でもある。と思うのです。

ちょっと、こんな記事を見つけました。
米懸念受け、首相がTPP断念 「政権交代で協議混乱」
野田佳彦首相が衆院選公示後も
環太平洋連携協定(TPP)交渉参加表明を目指していたが、
政権交代に伴う協議の混乱を避けたいとの米側からの懸念に接し
断念していたことが24日、複数の政府関係者への取材で分かった。
首相とオバマ米大統領は11月20日のカンボジアでの会談で、
交渉参加に向けた日米両国の事前協議加速で合意し、
12月4日の衆院選公示日以降も事務レベルで協議は継続。
交渉参加表明に向けた調整は
「9割終わり、政治決断を残すだけだった」(首相周辺)という。
野田政権は昨年11月、関係国との協議入りを表明して以降、
関係閣僚が早朝の極秘会合で対応を協議していた。

野田、国賊として歴史に名を残すところだったな!!!

さらにはこんな記事
日本のTPP参加を左右する「毒素条項」 韓国で初のISD条項発動
米投資ファンド「ローンスター」が外換銀行の売却で不当な損失を被ったとして、ISD条項に基づき韓国政府を仲裁機関である「国際投資紛争解決センター」に提訴したのだ。ISD条項は今年3月に発効した米韓FTA(自由貿易協定)に盛り込まれ、国際協定で先進国がISD条項で訴えられるのはあまり例がない。同条項は日本が参加を目指すTPPにも盛り込まれる可能性が高く、懸念の声が上がっている。
国際協定で先進国がISD条項で訴えられるのはあまり例がない
韓国さん、先進国かどうか疑われていますよ。
正当な評価だよね(笑

って、韓国の馬鹿さ加減を笑っている記事じゃないんだよね。
ISD条項が先進国で訴えられるのはあまり例がないとは言っても、カナダ対アメリカでも結構行っているんですよね。
韓国もなんでこんなFTAを結んだんだか。
一説には北朝鮮砲撃事件が起きて、ビビったアキヒロがアメリカに泣きついたら、サインさせられたとか
いう話もあります。
なんか、TPPの不参加決定になったら、中国の尖閣上陸が増えるなんてことは無いよね、アメリカさん?

TPP参加は日本文化の崩壊だ。という人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

日本の国民皆保険は守らなければ。という人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

御身体の方大丈夫ですか?

先ほどコメントしたら、メンテナンス中ということで書き込めませんでした。
とにかく、体調を早く治してください。
元気があれば~何でもできるっ!ということらしいですから。

Re: こんばんは!

うさぎ屋さん、コメントありがとうございます。
体は元気ですが、ウィルスはカラダに残っているので出社には及ばずという。
予想外の長期連休突入となりました(笑)
家族が続々と倒れておりので看病に頑張りつつ「結構ブログ更新できるな」とニンマリしている
不良会社員生活です。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。