スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主よ、これが決められる政治だ

「長期政権」望む声も 参院選も自民単独過半数「よいと思う」48%
当面は景気対策に集中し安定軌道に乗ってほしい-。第2次安倍晋三内閣の発足を受け、産経新聞社とFNNが実施した合同世論調査からは、そんな期待感がうかがえる。首相交代が7年連続で起きていることもあり、安倍内閣には「長期政権」を望む声も多いようだ。
 自民党が政党支持率(33.7%)で3割を超えたのは、平成20年9月の麻生太郎内閣発足直後(31.7%)以来で、実に4年3カ月ぶりのこと。
 だが、政府・自民党内には浮かれた空気はない。石破茂幹事長は28日の記者会見で「民主党への批判が自民党への期待になっている。自重自戒しながら政権運営しないといけない」と気を引き締めた。甘利明経済再生担当相も「経済の再構築を実行できないとの観測が広がれば一挙に落ちていく。これからが大事だ」と語った。
 確かに内閣支持率をみると、今回の55.0%は、民主党政権の鳩山由紀夫(68.7%)、菅直人(57.3%)、野田佳彦(59.9%)の各内閣発足時よりも低い。自民が294議席を獲得した衆院選の結果とは釣り合っていない。
 ただ、注目すべきは、次期衆院選の時期について、「4年後の任期満了近く」が48.9%で最も多いことだ。また、来年夏の参院選でも自民が単独過半数を獲得することを48.0%が「よいと思う」と答え、「思わない」の42.7%を上回った。
 安倍内閣が今後「どれくらい続くか」との質問に対しても「来年夏の参院選前後」が9.5%、「1年以内」が16.9%だったのに対し、1年超は7割を占める。
政策別に何を一番期待するかについては、首相が力を入れてきた教育改革(3.6%)や安全保障政策(3.4%)、北朝鮮問題の解決(2.2%)、憲法改正(2.1%)は軒並み低調で、景気対策(40.3%)が突出している。
 こうした国民の期待について、首相自身も強く認識している。実際、組閣前からデフレ脱却など経済再生に最優先で取り組む姿勢を打ち出すなど、安倍政権の景気・経済政策については60.7%もの人が期待感を示している。
 首相自ら「参院選で勝たなければ大きな結果は出せない」と語るように、まずは最優先課題にどのような成果を出すかが問われている。

内閣支持率が、民主党の歴代内閣よりも下、だと。
どこ見ているんだ、と言いたくなるが、これもわからないでもないな。
民主3代続いた内閣は、もうそろそろ政権運営にも慣れてくれよ、と思いながら期待してきた。
結果、裏切られる。それも手酷く。
自民党の場合は、政権運営きちんと出来るのは当たり前で+アルファが求められますからね。
民主党が歩けば褒められる乳幼児ならば、自民党はインターハイ出て当たり前のスポーツ選手位違う。
それの証拠が、次期衆院選の時期について、「4年後の任期満了近く」が48.9%で最も多いことだ。また、来年夏の参院選でも自民が単独過半数を獲得することを48.0%が「よいと思う」と答え、「思わない」の42.7%を上回った。ということだと思う。
たぶん「自民に任せるのも心配だけど、今は自民に任せるしかない」 って、事なんでしょうね。
当然、そんなことは、安倍さんも石破さんもわかってるだろう。
経済で結果を出して、参議院選大勝すれば、長期政権も行けるだろうしね。
実際、民主党のあとだから非常にやりやすいはず。

今、政治が動いている感がすごいもんな。
朝鮮学校の無償化阻止へ法改正案提出 自民・義家氏
今すぐに出せたってことは、すでに法改正案を作っていたという事でしょうね。

中央道・富士吉田線を当面無料に 仮復旧の笹子トンネル渋滞回避で
これも、すぐに決めれている。公明党の人ですが。

選挙制度見直しで協議機関、政府与党連絡会議を復活 自公
定数削減に向けて、早速動き始めていますね。


安倍政権始動、前政権からの政策転換へ発言相次ぐ
小野寺氏は27日未明の就任会見で、大綱見直しについて「しかるべきタイミングで協議が始まるだろう」と述べた。
田村氏は27日未明の就任記者会見で、正確保護費給付水準の見直しについて「1割ぐらいを上限に検討し、判断していきたい」と述べ、引き下げを示唆。
農家戸別補償の新制度は農地保全の対価として耕作物の種類を問わず交付金を支払う仕組みに改める方針。林氏は会見で、25年度の見直しは制度の名称変更など一部にとどめ、26年度の制度移行に向けて関連法の成立を目指す考えも示した。

えっと、防衛大綱にTPPに正確保護費引き下げに農家戸別補償停止かぁ。
なんかすごいスピードで進んでいるな


日露首脳 平和条約へ作業活発化で一致
安倍晋三首相は28日、ロシアのプーチン大統領と約20分電話会談し、北方領土問題の解決に向け平和条約締結への作業を活発化させることで一致した。首相はオーストラリアやインド、インドネシア、ベトナムなどの各国首脳とも電話会談し、軍事面で台頭する中国をにらみ「対中包囲網」の構築にも踏み出した。
さすが安倍さん。中国が何言っても気にせず、必要なことを淡々と行う。
さっそく中国包囲網の構築とか、期待感が半端ないっす。
遺憾しか言えなかったどっかの首相とは違いますな。
民主党よ、これが決められる政治だ。

そういえば、最近民主党のニュース見ないけど、どうしたんだろう?
民主党政権の3年3カ月―野田政権は後世高く評価されると確信
民主党政権の3年3カ月―野田政権は後世高く評価されると確信~岡田元副総理ねぇ。
あ、相変わらずの民主党ですね。
相変わらずの妄言、お変わりなさそうで安心しました。

次の選挙でも自民党の敵ではないと確信できます。

安心感抜群の自民党政権。という人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

民主党の時代には逆戻りはせさない。という人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。