スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、中国で何かが起きている?

「尖閣は琉球の一部」1950年の中国外交文書 日本名を明記、現在の主張と矛盾
沖縄県・尖閣諸島について中国が1950年に作成した外交文書の中で、「尖閣諸島」と日本名を明記し、尖閣が琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す文言が含まれていたことが28日、関係筋への取材で分かった。

 現在の中国は尖閣諸島を「台湾の一部」として自国の領土だと主張。50年当時に中国が、琉球の一部と認識していたことは現在の主張と矛盾しており、中国側にとっては領有権主張の根拠が揺らぐ内容。

ざまぁ、中国。嘘はバレるのが当たり前ですぞ!
尖閣への不法侵入はやめてもらえますかな。

なんて浮かれていたが、ふと思った。
なんでこんな事が外部に漏れたんだろう?

さらに、こんなことまで言い出した。
GDP水増しやめよ 健全発展へ習総書記戒め
「経済成長は本物でなければならず、水増しはなくすべきだ」。中国共産党の習近平総書記の発言が波紋を広げている。中国は以前から国内総生産(GDP)の統計水増しが指摘されてきたが、習氏の真意は健全な経済発展を促すことにあったようだ。
 発言があったのは11月末、経済専門家との意見交換会の席上。国営通信新華社が伝え、一部メディアが「GDPの水増しを戒めた」と指摘した。
 中国では地方政府が発表した域内総生産の合計が、中央政府の国家統計局が発表したGDPを上回る事態が続く。2011年の中国のGDPは約47兆元(約649兆円)だが、31省・直轄市・自治区の域内総生産の合計は約52兆元と、差は約5兆元に上る。中央政府が地方政府幹部を評価する際にGDPを重視してきたため「地方幹部が成績を上げるため水増ししている」と指摘される。

中国のGDP発表が水増しされているのは周知の事実。
どうせ、地方がGDP水増しやめたとしても、中央が適度に水増しするんじゃないの?
自分たちの国民押さえつけるのが精一杯で、正確な数値なんてどうでも言うだろうから。
しかし、中国がGDP水増しを認めるのが意外。
さらに、11月に末の意見交換会での席上の発言が、今頃リークされていることに、なにやらきな臭さを感じる。

胡氏 全人代で巻き返しへ 側近が国家副主席就任の見通し
中国の胡錦濤国家主席の側近である李源潮政治局員について、来年3月5日開幕の全国人民代表大会(全人代=国会)で国家副主席に選出する方向で最終調整が進んでいることが分かった。複数の共産党筋が明らかにした。胡派の別の有力者である汪洋・政治局員も全人代で副首相に就任する見通しだという。11月の共産党大会にともなう党内人事で他派閥に押され気味だった胡派は、政府人事で2つの重要ポストを獲得し、巻き返す勢いだ。
権力闘争が起きているのね。
中国内での足の引っ張りあいするのは結構。いくらでも揉めてくださいな。

ただ、権力闘争の果てに、軍事クーデターとか起こすのは勝手なんだけどね。
トチ狂って尖閣に軍事行動とかしないように。
他国に迷惑かけなければ、いくらでもやりあってください。

海外ツアー軒並み増の中 中国85%減
 二〇一三年一~三月に出発するJTBなど旅行主要四社の海外パッケージツアーの予約者数合計が、欧州行きは前年同期比で約40%伸びている一方、日中関係の悪化が響く中国行きは約85%減と大きく落ち込んでいることが二十九日、分かった。
いまさら中国に旅行する人が、多少なりともいるのが不思議ではあるけど。
すでに、お互いかかわり合いにならないようにする事は良いことだと思う。

レアアース、実需上回る輸出枠 中国の13年前半
【北京=共同】中国商務省は28日、2013年前半のレアアース(希土類)輸出枠を1万5501トンに設定したと発表した。12年の輸出実績は1万3千トン前後にとどまる見通しだが、中国政府は今年の実需を上回る輸出量を許可する。
 日本などが中国以外から資源調達する「脱中国」を活発化していることに危機感を強め、供給増を図るとともに輸出規制への国際的な批判をかわす狙いとみられる。
 12年の輸出実績は過去10年間で最低水準に落ち込み、3万996トンの輸出枠は5~6割が未消化となる見込み。日本で代替材料の開発が進んだほか、世界経済の減速でハイテク製品向けの需要が鈍化したことが輸出低迷の要因で、中国のレアアース企業は業績が急速に悪化している。

ちゅ、中国さん。壮大なブーメラン攻撃はどうですか(笑)
痛いですか、苦しいですか。後悔していますか?
俺はとっても愉快です!

日本への経済制裁でレアアース輸出制限しといて、自国の首絞めているんだから。
まさに自業自得。
世界経済の一員という意識が希薄なんじゃないですかね?
世界の笑いものになっていますぞ。

中国もだいぶ曲がり角に来ていますな。
経済格差、官僚の腐敗と不正、人件費の高騰、迫り来る高齢化社会。
それでも、未だに経済大国世界第二位の実力派バカにしちゃいけないとは思う。

これから、中国がこのような状態で、安倍内閣がどのような外交を行うかが問題だ。
安倍さんは拉致問題にも力を入れるということは、中国の協力も必要だろうから、あまり無茶なこともできないだろう。
だけど、権力闘争が激化しているということは、付け入る隙は十分あると思う。
どちらの陣営にもパイプを作っておき、両者の権力争いを上手く利用してもらいたい。
しかし、外交をどのように処理していくか楽しみな内閣とか久しぶりだなぁ。
民主党の外交は、なにか行えば国益を損なうが当たり前だったから。
安倍危機突破内閣の心強さよ。


安倍危機突破内閣の外交が楽しみだ。という人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

中国もいい加減拡大政策を反省すべきだ。という人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。