スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済学者の戯言は聞き飽きた。

池田信夫 blog : 老いてゆく日本で格差は拡大する - ライブドアブログ
2013年の日本経済を長期的視野から考えてみよう。市場は安倍政権のバブル政策を見越して円安・ドル・ユーロ高に激しく動いているが、実体経済が上向くかどうかは別の問題だ。潜在成長率が上がらないのに「期待」ばかり上がると、その乖離が大きくなり、最終的には実態に合わせて期待が修正される。それがバブルの崩壊である。

では潜在成長率を制約する条件は何だろうか。大きくわけると、労働人口と生産性である(資本は過剰なので制約条件にならない)。このうち日本に特徴的なのは、年率1%近い率で労働人口が急速に減少していることだ。

安倍首相は「人口が減少してもデフレでない国はたくさんある」などと人口減少の影響を否定しているが、これは浜田宏一氏の受け売りだろう。彼は「人口減はインフレの原因になってもデフレの要因にはならない」とまで書いているが、意味不明だ。

このように人口要因を否定して、日銀がすべてを解決できるという話はリフレ派によくあるが、小峰隆夫氏もいうようにナンセンスである。人口減少は経済全体にかかる税金のような負荷であり、これを無視して経済政策を考えることはできない。これを彼は人口オーナスと呼ぶ。

浜田氏が無視しているのは、日本では単に人口が減るだけではなく、労働人口が急減していることだ。上の図のように、今でも労働人口の半分を超えている従属人口(労働しない人口)は、2030年には労働人口の7割に達し、2050年には9割を超える。ほぼ働く人ひとりで働かない人ひとりを養うことになる。

もう一つは、現役世代と高齢者の資産格差である。今でも次の図のように個人金融資産の6割を60歳以上が保有しているが、40代以下は公的年金が負担超になっているので、この格差は今後ますます開く。20代以下では非正社員が労働人口の半数を超えているので、所得格差も開く。老人は消費しないので個人消費が低迷し、未来への投資もしないので金利が低下する。

この人口オーナス(人口減少と高齢化と労働人口減少)が、日本経済の長期的停滞の最大の原因なので、必要なのはこの負荷を軽減する政策である。その一つは女性の就労や移民の受け入れで労働人口を増やすことだが、もっと根本的な問題は労働生産性の向上である。

雇用規制を強化して高齢者の雇用を守る家父長的な政策は、短期的な痛みを止めることはできるかもしれないが、成長産業への労働移動をさまたげて生産性を低下させ、世代間格差を拡大する。衰退産業に税金を投入する先送り政策も、生産性を低下させて日本経済をますます衰退させる。

人口が減少しても成長を維持している国はあるが、それは一人あたり成長率(労働生産性上昇率)が人口減少率を上回っているからだ。日本のように労働人口が急速に減少する国で労働生産性が上がらなければ、経済が停滞してデフレになるのは算術的に明らかだ。このような潜在成長率の低下を、日銀がお金を配れば解決できるというのは、リフレ派しか信じていないお伽話である。

さすが池田信夫氏。何かと「カチン」とくる文章は既に彼の専売特許である。
本人「頭良い俺、かっこいいでしょ」と思っているだろうが、ただの品のない文章になっているのに気づいてんまいのだろうか?
知識を広めるのは結構だが、自分に都合の良いところだけ切り取って、批判するのは公平でない。

安倍首相は「人口が減少してもデフレでない国はたくさんある」などと人口減少の影響を否定しているが、これは浜田宏一氏の受け売りだろう。彼は「人口減はインフレの原因になってもデフレの要因にはならない」とまで書いているが、意味不明だ。
意味不明だと書いているが、なぜ、どうしてが書いていなく、池田氏の文章の方が意味不明である。
デフレ状態は、需要<供給状態である。供給能力が大きく、需要が少ない状態がデフレ。
人口減が進むと、供給能力が少なくなり、デフレからインフレになる。つまりインフレの原因になる。
どこが意味不明なのか意味不明ですよ、池田さん。

人口が減少しても成長を維持している国はあるが、それは一人あたり成長率(労働生産性上昇率)が人口減少率を上回っているからだ。日本のように労働人口が急速に減少する国で労働生産性が上がらなければ、経済が停滞してデフレになるのは算術的に明らかだ。このような潜在成長率の低下を、日銀がお金を配れば解決できるというのは、リフレ派しか信じていないお伽話である
日銀がお金を配ればすべてを解決できるとは誰も言っていない。
池田氏の脳内ではそうなっているのかもしれないが「自民党のHP位見て欲しい」ものである。

成長戦略の推進、大胆な規制緩和、ニッポン産業再生プランなど池田氏の大好きな規制緩和もきちんと入っているのである。
それぞれ政策手段を整えて準備して、状況に応じて必要な政策を実施していくだけの話だ。
池田氏はかなりリフレ論が気に入らないらしく、ブロゴスでは、週に2,3回反リフレ論的な記事を書いている。
ちょっと偏執的なイメージも出てきたな。
なぜ、リフレ論はお金を配るだけのくだらない理論と理屈つけたいのか解らない。
たまには、自民党のHPを読んでみて、政策が是か非か確認してもらいたいと思う。
それとも自民党は嫌いだから見たくないのかな?
プライドが異常に高い彼のことだから、ただ単に「気に入らない」から叩いているのかもしれない。
仮にも経済学者と学者と名乗るのであれば公明正大に見るべきと思う。
それができないのなら「御用学者」と呼ばれることに甘んじるべきだ。

なんにせよ、御用学者の皆さんは気楽な商売と思う。
間違ったことを言っても、平然としていて責任も取らないのだから。


一方「やべ、ちょっと言いすぎたかな」と空気を読む能力が高い御用学者もいる。
森永卓郎がデフレの終焉を予想「2013年は底値で株を買っておくといい」
興味のある人は読んでください。
↓↓こちらの過去記事と合わせて読めば、より楽しめますよ。
森永卓郎は経済芸人だな
今までデフレは脱却しない、日本は成長しない、庶民は苦しみが続く、などなどリフレ論に反対してきた森永卓郎氏が手のひら返し始めました。
どうやら「このままリフレ論反対と言っていたら、仕事減るかもしれないなぁ」と気づいたんですかね?
どうせ経済芸人の言うことなんか真に受けていないのでどうでもいいけど。


経済学者の戯言は聞き飽きた、って人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

経済芸人は気楽で良いな。って人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。