スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国包囲網の完成を期待する

安倍内閣の外交力がすごいと思うのです。
自由と繁栄の弧が完成間近な勢いですな。


まずはインド。
安倍政権誕生に沸く印 「強い日本はインドの利益」
インドでは、政府もメディアも、安倍晋三首相(58)の就任を日印関係を深化させる好機ととらえ、安倍氏に強い期待を寄せている。安倍氏を好感する大きな理由の一つは、安倍氏が首相として2007年8月に訪印した際にインド国会で行った演説が、強烈な印象を残したことにありそうだ。
印象深い国会演説
 「2つの海の交わり」と題する演説で、安倍氏は「太平洋とインド洋は、今や自由の海、繁栄の海として、1つのダイナミックな結合をもたらしている。従来の地理的境界を突き破る拡大アジアが、明瞭な形を現しつつある」と主張。日本とインドの戦略的グローバルパートナーシップをユーラシア大陸の外縁に沿う自由と繁栄の弧の「要をなす」として、日印関係重視を明確にした。
 また、「強いインドは日本の利益であり、強い日本はインドの利益」と述べて、インド人の共感を得た。
 コロコロと変わる日本の首相と違い、当時も現在もインドの首相であるマンモハン・シン氏(80)は昨年12月26日、安倍首相就任を祝福。PTI通信によると、シン首相は、インドと日本の戦略的なグローバルパートナーシップの重要性を強調し、安倍氏がこのパートナーシップの重要な考案者だったと指摘した。
 そのうえで、日本経済がいっそう繁栄し、日本が安倍氏の指導の下で世界の諸問題で重要な役割を果たすだろうとの自信を表明している。
  ~後略~

同じ中国を脅威を考えている国同志、インドとはうまくやれそうですね。
そもそも、大東亜戦争直後からインドは親日国だったのだし。

親日国インド

そしてミャンマー。
麻生太郎財務相が、ミャンマーに外遊中ですね。
中国も日本がミャンマーと仲良くすることを嫌がっているみたいです。
日本がミャンマーに接近、形成されつつある中国包囲網
 ~前略~
日本がミャンマーで根を下ろした場合、中国の国境地方の政治環境が著しく悪化するだろう。
日中が尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題で武力行使した場合、日本はミャンマーとともに中国の西南地区を脅かし、
フィリピンやベトナムが南シナ海で問題を起こすことを促し、中国を四面楚歌の状態に陥らせることができる。
また日本はASEAN各国に積極的に働きかけ、共同で中国に対抗するよう説得を進めている。
日本は今後、ASEAN+3(日中韓)において、中国を排斥するよう呼びかけるだろう。
中国は現在も依然として、ミャンマー政局の発展を静観しており、思い切った手段を講じていない。
事態の悪化を放任すれば、かつて中国の「裏庭」であったミャンマーが、中国対抗の最前線になる可能性がある。

中国は、意外と冷静に分析しているんですね。
ただ、嫌がっていることも伝わる文章です。
日本としては、このままミャンマーと協力していくことが中国を牽制するとともに、経済発展にも寄与する。
国家の方針として進めなければいけない案件ですね。
中国としては、気に入らないから邪魔だてするでしょうね。
麻生副総理の日本軍墓地参拝に元遠征軍兵士が抗議
中国の中央電子台(CCTV)の朝のニュース番組「朝聞天下」は1月5日、「ミャンマーを訪問中の日本の麻生太郎副総理兼財務相が、第二次世界大戦で亡くなった日本軍の墓地を訪れ、現地の中国人が抗議の声を上げた」と伝えた。以下は同ニュースの主な内容である。
ミャンマーを訪問中の麻生太郎副総理兼財務相が4日、第2次大戦で亡くなった日本軍の兵士たちが埋葬されている日本人墓地を訪れたことが、現地に住む中国人や華僑の怒りを買い、抗議が起きる事態に発展した。
   ~後略~

現地に住む中国人ね。
正確に言えば、華僑にお金で雇われた現地に住む中国人、じゃないのかね。
まぁ、この程度の嫌がらせするくらいしかできないんだろうな、今のところは。
普段ならムカつく記事ですが、今回は中国の「ぐぬぬぬ」って歯ぎしりが聞こえてきそうで愉快な感じです。

お次はロシア。
北方領土「安倍首相はやるだろう」と森元首相
自民党の森元首相は5日、TBSの番組収録で、北方領土問題について、「ロシアのジェスチャーに対して日本は意思を示さないといけない。安倍首相はやるだろうと思う」と述べた。
 問題解決に向けて、年内に行われる見通しのロシアのプーチン大統領との首脳会談で協議を加速させるよう求めたものだ。
 森氏は、2月に首相特使としてロシアを訪問し、プーチン氏と会談する予定で、「プーチン氏とは率直な意見交換ができる。『引き分け』をどう考えているか、まず伺いたい」と話した。プーチン氏は昨年3月、外国メディアとの記者会見で、北方領土問題について「(柔道の)引き分け」という表現を使い、妥協点を探るべきだとの考えを示していた。

森さん、あんたはプーチンとマブダチなんだからうまく動いてやれよ。
たしかに、ロシアから擦り寄ってきてるんだから、このチャンスを逃す必要はないね。

そして東南アジア。
岸田外相、東南アジア歴訪へ=9日から、中国けん制狙い
岸田文雄外相は4日、就任後初の外遊先として、フィリピンとブルネイを訪れることで調整に入った。両国に加え、シンガポールの訪問も検討している。東南アジア各国との連携強化を通じて、海洋進出の動きを強める中国をけん制する狙いがあるとみられる。外相は9日に日本を出発する予定だ。 
 フィリピンは中国との間で、南シナ海をめぐる領有権問題を抱えている。日本も、沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国との対立が続いていることから、外相はフィリピン政府要人との会談で、海上での国際法順守の重要性を確認したい考え。
 ブルネイは今年の東南アジア諸国連合(ASEAN)の議長国。昨年の議長国だったカンボジアは中国の意向に沿った議事運営を行い、ASEAN外相会合で共同声明が出せないなどの混乱を招いた。こうした経緯を踏まえ、外相はブルネイとの間で早期の意思疎通を図る方針だ。(2013/01/04-18:22)

岸田外相がフィリピン、ブルネイ、シンガポールに外遊か。

いいですな、ぜひ意思疎通を図って、上手くやってもらいたい。

インド、ミャンマー、ロシア、フィリピン、ブルネイ、シンガポールと閣僚級が接触予定
なにこの安心感

安倍内閣が、右翼でアジアは危機を感じているとか言っているマスコミは、この外交をどう思っているんだろう。
中国包囲網を進めている。
自由と繁栄の弧は今こそ完成するんじゃないのかな。
もう一度書くけど、なにこの安心感。
民主党が今までどんだけ外交ができなかったかよく分かるよ。>
マスコミは、中国、韓国、北朝鮮以外のアジアとは協力関係を築けている事を報道しなきゃあ。
事実を報道することに不都合なんか無いよね?
不都合を感じるのは、中国と韓国だけのはずですが。
報道しないってことはそういうことっすか?

自由と繁栄の弧の完成が楽しみだ。という人はクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

安倍内閣の外交心強いぜ。という人はクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。

> うわべは友好と言うしかないですもんね。いいよ、いくらそう言っても!
そうそう。笑顔で握手しながら、足を踏みつける。
特亜は実質的に潜在的敵国なんだから、容赦すると、日本が危なくなるだけ。
そろそろ「日本は怒らせると怖い国」と分からせないとダメですねぇ。

中華帝国主義打倒

 こんにちは。

 安倍政権にとってするべきこと、それは中国に強硬な姿勢を取ることも挙げられます、年々軍事力を増強し、尖閣諸島の領有権まで主張したのだから、これ以上の傍若無人ぶりに黙っていてはいけないのです。

 私はかねてから思うが、インドやASEAN諸国との関係強化こそが中国をけん制する意味で役立つと思う、とりわけインドは強い日本を期待。日本同様中国と領有権問題を抱える国同士、仲良くせねばならないし、新興国でもあるインド、経済協力もすることで利益にもなります。多分インドにとってはパキスタンより中国の方が脅威と見てるのでは?

 今後のアジア外交については、中韓よりインドやASEAN諸国と連携強化すること以外ありません!! お互い中国を脅威とみなす国同士仲良くやって欲しいものだ。

Re: 中華帝国主義打倒

アジシオさん、コメントありがとうございました。

黙っていたら、どんどん侵略してきますからね。
自由と繁栄の弧を強固にして、中国の侵略主義は通用しないことを分からせないとダメです。
プロフィール

きいち43

Author:きいち43
訪問ありがとうございます。
前見て歩くときは、真ん中見て歩かなきゃ危険です。
時には右みたり左見たりして安全確認していきます。

クリック協力お願いします
クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンケート
おすすめ記事
ブログ主がおすすめしている記事です。
検索フォーム
リンク
ブログパーツ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。